労政 時報 web。 小方 尚子|研究員紹介|日本総研

《労政時報WEBセミナー》 1日でしっかり理解する 『労働基準法の基礎知識』 ~職場で必須の基礎知…

本講座では、初めて法律に触れる方、人事担当者として初任の方、あるいは初任管理職の方々を対象に、労働基準法を基本から解説します。 ジョブ型雇用で示される職務記述書は、テレワークの労務管理を効率化し、人事評価の公平性を確保するので注目が集まっています。 記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。 2020-045 2020年09月15日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年9月3日」寄稿 2020年08月14日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年8月6日」寄稿 2020年07月20日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年7月9日」寄稿 2020年06月22日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年6月11日」寄稿 2020年05月26日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年5月14日」寄稿 2020年04月20日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2020年4月9日」寄稿 2020年04月10日 リサーチ・アイ No. 主な著書に『10年後の人事』(日本経団連出版)など著書多数。 ぜひご参加ください。

>

一般財団法人労務行政研究所 人事・人材マネジメントのための最先端情報サービス

【人事制度コンサルティング】や【評価者能力向上】研修の提供• 等級とキャリアパスの関係、等級制度のトレンドについても学びます。 新型コロナウイルス感染拡大防止を機に導入が進んだテレワークですが、実際に運用してみると課題が浮き彫りになり、その解決策の一つとして、ジョブを明確に定め、その成果を問うジョブ型を志向する企業が増えています。 そのような中、2020年9月1日に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」(平成30年1月策定)が改定され、副業容認に際して懸念となっていた労働時間の通算について、労使双方の手続き上の負担軽減を目的とした「簡便な労働時間管理の方法」(「管理モデル」)が新設されました。 2018年に出された2件の最高裁判決(ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件)も踏まえて、これまでの判例・裁判例の流れを整理し、実務における「待遇差の説明義務」や「不合理な待遇差の解消」に向けての取り組み方法について、わかりやすく解説します。 また、高年齢者雇用安定法の改正により2021年4月から65~70歳までの就業確保措置が努力義務になることを受けて、今後、定年退職の在り方が変わることが予想され、それに伴い退職金も抜本的な見直しが求められることになります。 また、高年齢者雇用安定法の改正により2021年4月から65~70歳までの就業確保措置が努力義務になることを受けて、今後、定年退職の在り方が変わることが予想され、それに伴い退職金も抜本的な見直しが求められることになります。

>

株式会社 労務行政 労政時報セミナー事務局のWEBセミナー一覧

94年弁護士登録、高江・阿部法律事務所入所、2008年4月千葉総合法律事務所を開設、現在に至る。 経営大学院(ビジネススクール)の名物教授でもある。 ぜひご参加ください。 自社にとって「正しい」等級制度を持つことは、「正しい人事」を実現するための基本要件といえます。 2020-047 2020年11月09日 リサーチ・アイ No. それぞれの企業等に応じた特殊な取り扱いや細かな手順はありますが、本講座では、給与計算、賞与計算について、まったくの初心者ではないけれども、基礎的なところから再確認したい方を対象に、一般的な企業等において、社員の給与計算、賞与計算の際の重要ポイントや誤りやすい箇所を項目別に確認していきます。 外資系人事コンサルタントの日本代表を経て、HRビジネスパートナー株式会社を設立。

>

小方 尚子|研究員紹介|日本総研

さらに、確定拠出年金(DC)や個人型確定拠出年金(iDeCo)についても触れます。 絶対に記載することのないよう、ご注意ください。 『労政時報』では、人事制度や人材マネジメントに関する寄稿数は50本を超える。 1日で労働基準法の基礎をしっかり理解できるお勧めの講座です。 ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。 【労務行政eラーニング】の提供• メディアのご紹介 WEB労政時報は、WEBやメールマガジンを通して、人事部門の実務対応や課題解決をサポートする会員制の情報提供サービスです。

>

小方 尚子|研究員紹介|日本総研

2019-034 2019年10月28日 - 労務行政研究所「WEB労政時報2019年10月17日」寄稿 研究員紹介 五十音からさがす• 本講座では社会保険制度の概要や社員の入退社、ケガ・病気をした時などの諸手続き、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届、月額変更届など、社会保険事務担当になって日の浅い方や社会保険事務担当の上司の方などが、基本的な実務について自信を持って手続きや確認(チェック)・判断が行えるように、具体例を交えてポイントをわかりやすく解説します。 部門からさがす• 企業の顧問社労士として日々労務管理のアドバイスを行うとともに、企業研修、各種実務セミナーの講師等、幅広く活動。 労働時間の適正把握とともに、企業に課せられた従業員のメンタルヘルスケアは一層急務となっています。 企業の顧問社労士として日々労務管理のアドバイスを行うとともに、企業研修、各種実務セミナーの講師等、幅広く活動。 本講座では、企業経営者や人事担当者が「知らなかった」では済まされない、労災保険制度や安全衛生にまつわる基礎知識を確認するとともに、もはや社会現象ともいえるほど増加の一途をたどる従業員のメンタルヘルスに関する諸問題について、その要因となり得るパワハラや長時間労働にまで視野を広げ、実務家目線で、分かりやすく丁寧に解説します。 小方 尚子 Naoko Ogata 研究・専門分野 マクロ経済、家計経済 注力テーマ 国内マクロ経済(家計部門中心) 経歴 1989年03月 東京大学教養学部教養学科卒業 1989年04月 三井銀行入行と同時に三井銀総合研究所(現日本総合研究所)出向 1997年07月 さくら総合研究所(現日本総合研究所)調査部副主任研究員 1998年07月 同 調査部主任研究員 2001年04月 日本総合研究所調査部主任研究員 2005年03月 法政大学大学院修士課程(経済学)修了 活動実績 書籍 「団塊」退職で変わる経済伸びるビジネス 2006年8月/東洋経済新報社/¥1890(税込) 2006 図解 日本総研大予測 2005年12月/徳間書店/¥1260(税込) 図解大予測2001年の日本 2000年10月/かんき出版/¥1680(税込) 執筆論文・記事 2020年11月26日/労務行政研究所「WEB労政時報」寄稿 2020年12月号/戦略経営者 2020年10月29日/労務行政研究所「WEB労政時報」寄稿 2020年10月1日/労務行政研究所「WEB労政時報」寄稿 2019年8月/週刊エコノミスト2019年8月20日号 2019年3月4日/日本総研 リサーチフォーカス 2018年8月7日配信/ダイアモンドオンライン 2017年3月2日/日本総研 リサーチフォーカス 2017年の日本経済の展望-個人消費を中心に- 2017年1月/流通経済研究所『流通情報』 2016年10月4日/日本総研リサーチフォーカス 2015年7月8日/日本総研 リサーチフォーカス 消費税率引き上げ再延期 2015年6月/共同通信 日本経済の先行きと夏季一時金の展望 2009年5月25日/先見労務管理 2009年3月2日~4月24日/日本経済新聞 その他活動実績 NHK「日曜討論」(2020年) 朝日放送テレビ「キャスト」(2020年) NHK「さんいんスペシャル」(2019年) NHK「首都圏情報ネタドリ!」(2019年) テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(2018年) コメント 家計の変化、家計をとりまく経済環境の変化は、身近な問題であるだけに、イメージ論が先行しがちな分野です。

>

《労政時報WEBセミナー》 1日でしっかり理解する 『労働基準法の基礎知識』 ~職場で必須の基礎知…

人事労務に関する実務専門図書の企画・制作・出版・販売受託業務• グローバル企業から中小企業に至るまで幅広い顧客層を支援する。 株式会社日本総合研究所 The Japan Research Institute, Limited. 大手広告代理店における新卒者の過労自殺事件など、昨今、企業の責任が問われる報道が後を絶ちません。 労働時間の適正把握とともに、企業に課せられた従業員のメンタルヘルスケアは一層急務となっています。 正確な知識を持って迅速な手続きができる担当者、迅速な確認(チェック)・判断ができる上司になるために、ぜひご参加ください。 例えば、通勤手当、制服の支給、研修費用の負担など、給与として処理すべきものの判断基準は大丈夫ですか?判断ミスが社員及び会社に与える税務リスクを理解していますか?本講座では、人事・労務・福利厚生に関係する税法の基本を押さえたうえで、判断に迷うことの多い様々な事例について「なぜこうなるのか?」をわかり易く解説します。 本講座では、書式を用いながら、改定版ガイドラインを踏まえた実務対応についてわかりやすく解説します。 外資系人事コンサルタントの日本代表を経て、HRビジネスパートナー株式会社を設立。

>

株式会社 労務行政 労政時報セミナー事務局のWEBセミナー一覧

給与計算や賞与計算を行う場合には、労働基準法等の労働法規や社会保険、労働保険関連の法律、所得税法などの租税法などの幅広い知識が必要となります。 これらの福利厚生が給与課税の対象となるか否かの判断については、税務上詳細な規定が存在します。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 例えば、通勤手当、制服の支給、研修費用の負担など、給与として処理すべきものの判断基準は大丈夫ですか?判断ミスが社員及び会社に与える税務リスクを理解していますか?本講座では、人事・労務・福利厚生に関係する税法の基本を押さえたうえで、判断に迷うことの多い様々な事例について「なぜこうなるのか?」をわかり易く解説します。 データに基づいた冷静な分析、情報発信を心がけています。

>