情報 リテラシ。 情報リテラシ(Information Literacy)

2020年度 情報リテラシ第二 / Information Literacy 2

コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 今や良質なモノやサービスを提供するだけでは競争には勝てません。 情報は様々な形式で表されるため、情報リテラシーは、これまでの文字に代表される印刷物以外の媒体についても対象となる。 (第3節参照)さらに,中学校の「総則」には,「小学校段階において『コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作』を身に付けることに重点を置いた学習活動を行っており,中学校段階においては,小学校段階の基礎の上に,(中略)情報手段を適切かつ主体的,積極的に活用できるようにするための学習活動を充実することが必要である。 」とされ,言語以外の情報も読み取ることが求められ,情報モラルの指導に関わる内容もとりあげられている。 19のようにするには、[1][2][3]のタイプを自分で追加する。 心の痛む報道だった。

>

重要性増す情報リテラシー教育

」 AMLによる8つのキー・コンセプトは以下の通りである。 中学生・高校生向け 子どもたちがインターネットや携帯電話等のICTメディアを日常的に利用するようになり、生活におけるICTメディアの位置づけが大きくなってきました。 jpを追加 CODIV-19対応のため、世間の動向によってスケジュール変わる可能性があります。 授業の進め方 この授業の内容を一言で言うと、「アカデミック・ライティング」です。 表面に現れている文言に惑わされないような裏読み、深読みなど少し疑って読むことも必要である。 メディア・テクストは、経済的な意味を持つ• 子どもから高齢者まで 平成23年度は、ICTリテラシー育成のためのモデルシステム確立のための基本要件、年齢層等別育成内容及び指標等に関する調査研究を行いました。

>

ヘルスリテラシーって何?医療情報をうまく活用するには:朝日新聞デジタル

(注)報告書内の所属・職位は平成22年3月時点のものです。 メディア教育は特定の文化や政治的価値を押し付けない。 理想的な到達レベルの目安 標準的な到達レベルの目安 未到達レベルの目安 評価項目1 速く正確にタッチタイピングできる. タッチタイピングできる. タッチタイピングできない. 評価項目2 ワープロソフトの機能を活用して,構造的な文書を作成できる. ワープロソフトの基本的な機能を使って,文書を作成できる. ワープロソフトの基本的な機能を使うことができない. 評価項目3 表計算ソフトの機能を活用して,表計算を行うことができる. 表計算ソフトの基本的な機能を使って,表を作成できる. 表計算ソフトの基本的な機能を使うことができない. 評価項目4 プレゼンテーションソフトの機能を活用して,効果的な発表を行うことができる. プレゼンテーションソフトの基本的な機能を使って,発表用資料を作成できる. プレゼンテーションソフトの基本的な機能を使うことができない. 評価項目5 関連法規について理解している. 関連法規に関する知識を有している. 関連法規に関する知識が不十分である. 学科の到達目標項目との関係 履修上の注意 教科書・筆記用具持参.作業着着用のこと. 授業計画 週 授業内容・方法 週ごとの到達目標 前期 1stQ 1週 ネットの利用 Webとメールの利用法 2週 イントロダクション 授業の概要説明 3週 お絵かきとファイル操作 コンピュータの基本操作 4週 文字入力 タッチタイピング 5週 文書作成 1 Wordの基本操作 6週 文書作成 2 レポート作成 7週 情報の調べ方・まとめ方 ネット上の情報の探し方,レポート・論文の書き方 8週 表計算 1 Excelの基本操作 2ndQ 9週 表計算 2 表計算 10週 プレゼンテーション 1 PowerPointの基本操作 11週 プレゼンテーション 2 プレゼンテーション 12週 情報とセキュリティ セキュリティ対策 13週 情報と法律 著作権法,個人情報保護法,不正アクセス禁止法 14週 15週 16週 評価割合. また、企業や個人がマスメディア企業に与える影響の大小によって 、あるいは大衆の感情(主に怒り)によっても不祥事や事件の取り上げ方に大小の差ができることも留意すべきである。 情報機器やネットワークにより、豊富な情報を容易に手に入れられるため、目的に合った情報を適切に収集、選択、判断、評価する能力が必要になっています。 」 一方、ユネスコはメディア・リテラシーと図書館界を中心に概念が形成された を統合し、ニュース情報を批判的に評価する能力としてのー や情報・コミュニケーション技術を用いる能力としてのデジタル・リテラシー などの新たなリテラシーを包含した Media and Information Literacy と呼ばれる用語を用いる。 学生たちに「ヘルスリテラシーという言葉を今日初めて聞いた人」と尋ねると、残念ながらほとんどの学生が手を挙げました。

>

平成23年 春期 ITパスポート 問27

「情報手段の適切な活用」では,まずコンピュータやマウス,キーボードなど入力デバイスの操作,アプリケーションソフトの起動,文字入力,ファイル保存,終了といった一連の基本的操作の能力を身に付けさせる。 特に、広告主(スポンサー)から広告収入を得ているでは、自身の広告主を批判することは、極めて難しい。 Wordにはアウトラインという機能があり、見出しを書いてから段落を書くという作業がやりやすくなっています。 メディア・テクストの形式と内容は、意味を伝えるために相互に結びつく• 1 南4号館3階第1演習室 South 4 building, 3rd floor, room 1 S4-3F. コンピュータを実際に使ってインターネットのWebサイトを使って情報を収集したり,調べたことをWEBに発信したりする B-1-2• 基本コンテンツ・動画版(、)• これらの能力は単なる操作ではなく,それらの操作能力を前提として要点を求めたり調べたりする学習活動としてリスト化した。 120 5 情報検索(専門用語の意味の検索、国内論文と海外論文の検索、Cinii、OPAC、図書館利用) 担当教員が指示した課題を行う。 また、用語としてのメディアがより具体的な表現であるメディア・テクストやメディア・メッセージといった用語に変化していった過程や、社会化の主体(エイジェント)としてのメディアという表現にも注目するとよいだろう。

>

ヘルスリテラシーって何?医療情報をうまく活用するには:朝日新聞デジタル

天気の変化を学習する際,テレビや新聞,インターネットの天気図サイトを活用し,数日間の天気の様子を調べ,天気はおよそ西から東へ変化していくという規則性があることをとらえるようにする。 情報を組織する。 また、新聞も安保法案に賛成するものと反対するものとで大きく分かれた。 ほとんどのメディア・メッセージは、利益を得るため、および/または権力を得るために作られる 5キー・クエスチョン:読解• データ加工の段階 さて、ちょうどよい統計データを見つけても、そのままでは使えないことが多いです。 正確で信頼できる情報でも必ず医療の不確実性が伴います。 第2節情報活用能力を身に付けさせるための各教科等での指導 1.小学校における各教科での情報活用能力の指導 <国語> 国語科の目標は,「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力及び言語感覚を養い,国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てること」に置かれている。 それ以外の要因では、法律の改正による違法化やネットブラウザの管理者による、行政による等情報への規制によって接触できる情報の構成が変わってくることもある。

>

2020年度 情報セキュリティとリテラシ1 情報学部

用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 」とある。 完全な包含関係にはないと理解されることが多いが、これらすべてを含んだ概念が情報リテラシーであるとする立場もある。 さらに平成20年度には、その検証結果を踏まえて、改良を加えています。 もし本当の緊急事態なら首相は緊急帰国するはずである。 東京情報大学では、学生が毎週地元のCATVに番組を供給しているだけでなく、千葉県内の高等学校の放送部を支援して番組を作り、千葉テレビから放送している。 また、情報をテレビのみに依存しがちになることが増えているほか、インターネットの普及により、未成年の段階から大量の情報に触れる機会も多くなっている。

>

情報リテラシ(Information Literacy)

教科書の変化 [ ] 2000年から小・中学校の国語教科書に「ニュース番組を作ろう」などの内容が入った。 第6学年「土地のつくりと変化」の学習においては,実際の地層の観察を行うことが望ましいが,インターネットで地層の静止画を検索させ,複数の地層の静止画を閲覧することにより,一層の理解の充実を図る。 外部リンク [ ]• これらはそれぞれ情報リテラシーと重複する部分を持つが、主要な関心の対象や視点は異なっている。 後者は自分自身の情報活用を記録し,振り返ったり,評価を行わせたりすることでよりよい情報手段の活用につなげる能力を培う。 もしメディア・リテラシー教育が行き届いていたとしても、開戦自体を止められなければ無力であるとも言え、常日頃のメディア・リテラシーが重要であることを示唆している。

>