近畿 日本 ツーリスト 関西。 関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

- トラベルビジョン 2007年8月21日• 株式会社 その他 [ ] 初代・旧会社時代の不祥事• 同書は元々近畿日本ツーリストの社史として刊行されたものであった。 株式会社• - 宿泊予約サイト「楽宿」を開設。 - トラベルビジョン 2010年11月10日• これは Kinkiという単語が英語圏では (変態)に語感が似ているためである。 - 日本国際ツーリズム殿堂• 現在は解体されている。 コンセプトは 『旅を通じて世界中の人々へ感動を与えること。

>

関西旅行・ツアー 【近畿日本ツーリスト】

経営数値は持株会社化前の旧会社時代最後のもの。 com関西 2009年3月11日• - 近畿日本ツーリストグループ 新卒採用サイト• 7月 - (・京急観光)と業務提携、京浜急行電鉄とは株式の持ち合いを実施。 1980年代前半には会社全体の取扱高で日本旅行を抜き業界2位になる。 (平成30年)4月には、首都圏・関東地区の事業(一部除く)を分社化し、東京地区の法人を対象としたMICE等の旅行事業のみを行う法人となったため、株式会社に商号変更した。 - トラベルビジョン 2007年10月3日• (平成29年) - 中部地方の事業を株式会社近畿日本ツーリスト中部へ、関西地方の事業を株式会社近畿日本ツーリスト関西へ、訪日旅行事業を株式会社KNT-CTグローバルトラベルへ、それぞれ会社分割により承継。

>

<WEB>アラウンド関西 【近畿日本ツーリスト】

(昭和60年) - ダイレクトマーケティング事業において「旅の友」を創刊。 初代の旧会社とは別法人で事業内容に差異がある。 同時に会員制ツアー・クラブツーリズム部門を社内起業した株式会社に営業譲渡(3年間メディア、通販部門の凍結が営業譲渡の条件に盛られたため、近ツーは通販営業を休止せざるを得なくなる)。 4月 - 旅行斡旋業法に基づく、一般旅行斡旋業者登録(登録第20号)。 (16年)10月 - 関西急行鉄道(現・近畿日本鉄道)が全額出資し、大阪に 有限会社関急旅行社を創業。 情報化にも力を入れており、業界初のオンライン(旅館予約システム)の導入 や、でホテルの予約ができる Eクーポンシステムも他社よりもいち早く導入した。

>

<WEB>アラウンド関西 【近畿日本ツーリスト】

北海道地区の個人旅行事業を株式会社近畿日本ツーリスト北海道に譲渡。 - トラベルビジョン 2009年10月26日• また、親会社の近鉄は国際化を見越してに社内に観光部を設け 、その後の代理店となり の公認も得て、欧米・アジアの航空会社の代理店にもなった。 - トラベルビジョン 2007年9月4日• しかし半ばから一般団体旅行の団体が細分化され1団体あたりの人数が減少していく傾向になった。 このため個人旅行にも力を入れ個人客の好みに瞬時に応える態勢に向け他社に先駆けてを導入し、(昭和42年)には旅行業界初の宿泊予約システムを稼動する。 com 2013年3月1日 関連項目 [ ]• 3社とも完全子会社。

>

かに旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

7月 - のと業務提携。 ・ - ともにツアー部分を担当。 - KNT-CTホールディングス• 一方の日本ツーリスト株式会社は、銀行員だった経験をもとに、馬場勇が(昭和23年)9月に創業しにとして設立した。 売却後は2012年3月末まで同社から本社ビルの賃貸を受ける。 (平成22年)• これを機にグループで「近ツー」ブランドに立ち返るため KNTブランドと knt! このシステムは開催の関係の予約業務に貢献し 業績を更に伸ばすことに繋がる。 - トラベルビジョン 2012年8月11日• - niftyファイナンス マーケットニュース 2011年9月14日• 1月 - 全額出資により日本観光文化研究所(現・旅の文化研究所)を設立。

>

関西旅行・ツアー 【近畿日本ツーリスト】

にはメディア販売をもとにシニア向けに「旅の友」サークルを発足し、(7年)には会員組織型旅行事業とも言えるクラブツーリズムを開始し(2004年に営業譲渡 )新たなビジネスモデルを確立した。 com関西 2010年1月21日• 商号を 近畿日本ツーリスト株式会社に改称。 のロゴマークを、視認性が必要とされる一部の大型ポスター類に 近畿日本ツーリストのロゴを差し替えるかたちで再び使用を始める。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• (平成13年)にとの合併を発表するも 、翌年撤回。 日本ツーリストは景気に左右されない修学旅行団体の獲得を行い、当時のの移動手段の粗悪さに着目し、・JNR(現・)に陳情し修学旅行専用列車(列車番号:臨3311)を初めて走らせ 、国鉄の団体旅客取扱指定業者になるなど、資金も信用もない独立系の弱さを創意工夫で旅行市場を切り開いていった。 - トラベルビジョン 2007年5月24日• 』とし、新ブランドが表現するのは ' 空と風 ' としている。 - トラベルビジョン 2006年7月4日• - トラベルビジョン 2010年5月28日• - 株式会社昭和トラベラーズクラブの株式を取得。

>

関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

- asahi. 2020年に開催される東京オリンピックに向けて、ブランドロゴを新たに制定した。 『臨3311に乗れ』 、1980年4月、105-107頁• 株式会社(旧:相鉄観光株式会社)• 4月 - 旅行業界初のリアルタイムシステム(宿泊予約システム)を稼動。 (平成16年)• 4月 - 国鉄の普通乗車券・定期券の発売業務を受託。 沿革 [ ] 電鉄系の会社ではあるが、元々の前身は電鉄系1社と独立系1社の2つがある。 初代所長は。 - トラベルビジョン 2007年1月5日• (昭和30年)• - トラベルビジョン 2006年4月28日• - 株式会社かなしんサービス(系列)の旅行事業を譲受。 合併後の社名については、両者が旧名にそれぞれ愛着を持っていたため制定で揉めたといわれるが、当時の近鉄グループの総帥・が「『近畿』を『日本ツーリスト』につければ両方の顔が立ち、さらに『近畿日本』を示せるのでいいのではないか」と提案し、結局それに決定したとされる。

>

近畿日本ツーリスト

なお、関東・甲信越・中部・関西以外の地域には、この会社の支店は置かれておらず、その地域にある系列会社の営業所が存在し団体旅行や訪日旅行を取り扱っている。 その一方で近畿交通社時代から続く航空部門の不振により、(昭和35年)11月に全額出資で株式会社近鉄航空サービスを設立して、航空部門を分離する(後に黒字化し8月に同社を吸収合併)。 アイデアを生み出し、学校・企業・宗教などの団体に積極的に営業活動を行い、特に日本初の修学旅行専用列車を走らせるなどの実績から修学旅行には強みを持っている。 - 宿泊予約サイト「ステイプラス」のサービスを開始 (2009年11月30日閉鎖 )。 - チャンネル. - 2010年11月10日• (平成13年)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 関西急行鉄道の乗車券類の発売業務を受託。

>