配達 記録 郵便。 簡易書留と特定記録郵便の違いとは?どちらを使えばいい?

配達記録と簡易書留の違いは何?配達記録から特定記録郵便に変更

配達記録について教えていただければと思います。 このページの目次• また、安く記録を残せたらいいですよね。 配達証明• 書留には一般書留・簡易書留・現金書留がありますが、配達証明を依頼できるのは一般書留だけです。 (宅急便のように上から別のラベルが貼られることはありません)• なので、ほとんどの場合は郵便料金の80円を足して 290円 となります。 内容証明書の料金については また 4.まとめ 郵便局が提供する配達状況やその記録のサービスは多様です。

>

国内の料金表(オプションサービス)

281• (4)配達証明:一般書留に+300円で、配達しましたという配達証明書が差出人に届く。 179• 「書留(かきとめ)」とは、引受から配達までの全経路が記録が残り、事故があった場合には差出人が事前に申し出た損害額の範囲内でその実損額が弁償される郵便制度ことをいいます。 局によっては手書きの「書留・配達記録郵便物等受領証」を渡される場合もありますが、現在はレシートが「書留・配達記録郵便物等受領証」になっています。 中身を見てみると、係わり合いになりたくない人が偽名を 使って私宛に手紙を送ってきていた事が判明しました。 実損額で5万円まで賠償されます。 この場合発送した郵便物は一般書留として出したものに限られます。

>

元郵便局員が教える!特定記録の郵送方法と注意点

そちらに「お問い合わせ番号」が付いていますので、それで追跡をすることができます。 短所 1 内容証明のように、郵送した書面の内容については証明してもらえません。 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することは出来る?したらどうなる? 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することは出来る 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することはできます。 「受領証」をもらう 郵便局から返される「受領証」には「引受番号」が記載されています。 レターパックライトは郵便受箱に届けられますが、レターパックプラスは対面して手渡しに限られますので、不在のときの受取方法を紹介した記事を参考にしてください。

>

レターパックライトのサービス内容は特定記録郵便と一緒ということでよいでし...

そのため、契約解除の通知を送る際などには、付ので送付するのが通常です。 こんにちは。 転送は例え近隣であって日付を指定してあっても、 なかなかすぐには届かないのが普通でしょうか?• 代金引換ラベル・代金引換ゆうパックラベルに記入して郵便窓口から送ります。 相手方に配達されれば、後日、郵便局から差出人に配達証明書が交付されます。 万が一郵便物が壊れたり届かなかったりした場合に実損額が賠償されます。 郵便料金をより安く押さえたい場合、相手が不在がちで受け取りが難しい場合は特定記録郵便、補償をつけたい場合、しっかり手元に届けてほしい場合は簡易書留。

>

「配達証明」と「配達記録」の違い

一般書留として出したものに限られますので、「基本料金・運賃」と「一般書留の加算料金」を先に支払っています。 また一般書留の料金も損害要償額が10万円を超えた5万円ごとに21円加算されます。 しかし、 郵便局では配達状況、記録を提供する各種のサービスをおこなっています。 日・祝日も配達 される ・ 特:と同じ。 120• に より• 休日指定の場合は、郵便の料金と特定記録郵便の料金プラス210円の料金が必要です。

>

配達記録とは (配達記録郵便)

それを窓口に出しますと、控え(受領証)を渡されます。 バーコードにより郵便物等にお問い合わせ番号を表示する場合にも割引きされます。 (3)官公署の許認可業務 農地転用許可その他の官公署への許認可一般を取り扱います。 配達証明は手紙などを発送したときだけではなく、差し出した後からでも請求できます。 (2)賠償が必要・配達の記録が必要な場合 書留を利用すると、仮に送付書類が紛失し、送付先に届かなかった場合には、実損額の賠償を受けられます。 以上、簡易書留と特定記録郵便の違いについて、お話しました! 料金、配達される日、受取方法、保証ありなし… と、微妙に細かく違います。

>

国内の料金表(オプションサービス)

に まーちゃん より• 配達証明は差出人に証明してくれるもの 配達証明は差出人に証明してくれるものになります。 一般書留の出し方. 配達記録 -日本郵便 郵便物や荷物の引き受けと配達を記録します。 特定記録の差し出し時には、差出人の住所・氏名と受取人氏名と番号が記載された郵便物受領証をもらうことが可能です。 仕組み 1 引受けの記録がされ、受領証が交付されます。 それぞれの郵便に関しては、くわしくは郵便局にお問い合わせください。 速達 配達記録 書留 配達証明郵便には、速達をつけることが出来ます。

>

配達記録とは (配達記録郵便)

配達証明とは別に内容証明に「430円」が加算されます。 郵便局の方に引っ越し前に事情を説明したら、 よく集配の担当の者にもう一度確認しておきますと言われました。 差出人の住所が2つ以上記載されているときにはそのうち1つの住所に送付されます。 また普通郵便と同じ扱いになり日曜日と祝日に配達はされず(速達を付けた場合を除く)、補償などもありません。 しかしサービスレベルが、引き受け(差し出し)時では特定記録が上、配達時ではレターパックライトのほうが上という大きな違いがあります。

>