ジョン トラボルタ 映画。 ワイルド・レース : 作品情報

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』公式サイト

あと個人的に初かっこいいジョン・トラボルタに遭遇できて少しドキッとした。 1975年『魔鬼雨』で映画デビューを果たし、1977年の『サタデー・ナイト・フィーバー』でブレイク。 それが彼のこの出世作。 この系譜に新たな名を刻む本作の舞台は映画の都ハリウッド。 ジョン・トラボルタ出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?• 週末、ディスコで踊る以外は冴えない日々を送る青年トニーは、ある時、年上の女性ステファニーと出会う。 舞台はニューヨーク。 製作総指揮:デリア・エフロン、• 日本でも以降、でたびたび放映されている。

>

スピード・キルズ : 作品情報

トラヴォルタが10代設定だったのにはビックリだが、橋を渡るか残るかの岐路、青春映画の普遍的なテーマを丁寧に汲んでいて説得力あり。 なお、このボーイング707は、親善大使を務めているカンタス航空より1998年に購入したもので 、機首には「Jett Clipper Ella」と家族の名前を盛り込んだ愛称が記されている。 平凡で優秀さがないと街の人達から評されていたにもかかわらず、何かを発明すれば高評価を得、無線を調整すればFBIが飛んできたり、ずば抜けた能力を発揮して世間に見せつける。 その後しばらく低迷期に入りますが、1994年のタランティーノ監督作『パルプ・フィクション』に抜擢されたことを機に再浮上し、ハリウッドスターとして盤石の地位を手に入れました。 「ワンダーウーマン 1984」 C 2020 Warner Bros. スタッフ [ ]• 監督はが務め、、、らが出演。 トラボルタの髪の毛はヅラなんだろうけど、髭とマッチしていて違和感がない。

>

フェノミナン

『サタデー・ナイト・フィーバー』や『パルプ・フィクション』『ヘアスプレー』などに出演するハリウッドスターのトラボルタが、自身のキャリアをかなぐり捨てるかのようなストーカー役を怪演。 個人的には主人公トレーシーと相手役リンクのおちゃめなデブとイケメンの仲が大好きでした。 さらに、それを全く苦にすることなしに歌とダンスも存分に披露して、大きな話題となった。 共演には、『キャスパー』『ファイナル・デスティネーション』などでブレイクしたデヴォン・サワ、NETFLIXの人気青春ドラマシリーズ「デグラッシ: ネクスト・クラス」で注目を集めたアナ・ゴーリャが名を連ねる。 。

>

ワルな色気に憧れる!ジョン・トラボルタ映画5選!

アメリカの低級犯罪小説のストーリーをコンセプトとした『パルプ・フィクション』(1994年)や、特殊メイクを施したジョンが女性役を演じた『ヘアスプレー』(2007年)など多くの名作がランクイン!あなたがおすすめする、ジョン・トラボルタの出演映画作品も教えてください! 放送年 作品名 配役 1975年 ダニー 1976年 ビリー・ノーラン 1977年 トニー・マネロ 1978年 ダニー 1979年(日本未公開) ストリップ 1980年 バド 1981年 ジャック・テリー 1983年 トニー・マネロ 1983年 ザック・メロン 1985年 アダム 1989年 ジェームズ 1990年 ジェームズ 1991年 ボビー 1991年 ジャック 1993年 ジェームズ 1994年 ヴィンセント・ベガ 1995年 ルイス 1995年 チリ・パーマー 1996年 ヴィック・ディーキンス少佐 1996年 ジョージ・マレー 1996年(日本未公開) マイケル 1997年 ジョーイ 1997年 ショーン・アーチャー 1997年 サム・ベイリー 1998年 ジャック・スタントン 1998年 クインタード淮将 1999年 ジャン・シュリクマン 1999年 ポール・ブレナー 2000年 タール 2000年 ラス・リチャーズ 2001年 ガブリエル・シアー 2001年 フランク・モリソン 2003年 トム・ハーディ 2004年 マイク・ケネディ 2004年 ハワード・セイント 2004年 ボビー・ロング 2005年 チリ・パーマー 2007年 エドナ・ターンブラッド 2007年 エルマー・ロビンソン 2007年 ウディ・スティーヴンス 2009年 ライダー 2009年(日本未公開) チャーリー・リード 2010年 チャーリー・ワックス 2012年 デニス 2013年 エミール・コヴァチ 2014年 レイ・カッター 2015年 エディ 2015年(日本未公開) ボー・ギナー 2016年(日本未公開) マーティン 2016年 スタンリー・ヒル 2018年 ジョン・ゴッティ 2018年(日本未公開) Ben Aronoff 2019年 サム 2019年(日本未公開) Moose 2019年 カーソン・フィリップス 制作年 1997年 上映時間 138分 原作 - 監督 ジョン・ウー 脚本 マイク・ワーブ、マイケル・コリアリー 製作 デヴィッド・パーマット、テレンス・チャン、クリストファー・ゴドシック、バリー・M・オズボーン 製作総指揮 マイケル・ダグラス、ジョナサン・D・クレイン、スティーヴン・ルーサー メインキャスト ジョン・トラヴォルタ(ショーン・アーチャー)、ニコラス・ケイジ(キャスター・トロイ)、ジョアン・アレン(イヴ・アーチャー)、ジーナ・ガーション(サーシャ・ハスラー)、アレッサンドロ・ニヴォラ( ポラックス・トロイ)ほか 主題歌 インエクセス『Don't Lose a Head』 公式サイト - 新着 タランティーノの傑作 今では映画界の巨匠となった、クエンティン・タランティーノ監督の代表作。 総飛行距離は64,700km。 トラボルタが保有するカンタス航空塗装のボーイング707-138B型「Jett Clipper Ella」(N707JT) 子供の頃から航空会社の操縦士にあこがれていたという 大ので、1974年に初めて航空機の操縦資格を取得してから、2002年までの総飛行時間は5000時間を超え 、「最初の給料は全て飛行訓練に消えた」と語っている。 だからこういうハッピーな結末なんだと思う。 いいのか? ボブ・リンスキーはひどい奴だと仲間と言いつつも、あっさりし過ぎているために、それほど酷さを感じない。

>

【人気投票 1〜32位】ジョン・トラボルタ出演の映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

デブと黒人の見られ方というのは意味が変わってくるのではと最初思ったのだけど、そもそも本作にでてくる人物 すくなくとも中心人達は デブっちょであることも気にしてなければ黒人であることもそこまで気にしていない。 その後も、『』(1978)、『アーバン・カウボーイ』(1980)のヒットでさらに人気を高めた。 しかし、天才的頭脳は彼の寿命をも縮めるものであった。 この場合、さしずめ「なめてた自動車修理工が殺人マシーンでした」というところでしょうか。 ストーリー [ ] 小さな田舎町で暮らす平凡な男・ジョージ。 なのに、その高い演技力と歌唱力のおかけで、本当に高校生に見えてきたりして・・なんだかこっちまでワクワクしてくる。 みんながキラキラしてて全力でハッピーがつまった作品。

>

マイケル (映画)

この開巻数分が白眉! トラボルタは本作でもカリスマ性ある悪役を圧倒的存在感で演じている。 37歳の誕生日を迎えた夜に、謎の閃光を目撃したことで不思議な力・天才的な頭脳を得る。 共演した人気歌手オリビア・ニュートン・ジョンの愛らしさと大人の魅力のギャップ・・も見どころ。 脚本:ノーラ・エフロン、デリア・エフロン、ピート・デクスター、ジム・クインラン• ロックバンド、リンプ・ビズキットのフロントマンでもあるフレッド・ダースト監督が実体験を交えた物語でメガホンを執る。 撮影:• 『フェノミナン』 製作年/1996年 監督/ジョン・タートルトーブ 共演/キーラ・セジウィック、フォレスト・ウィテカー 優しいトラボルタならコレ! トラボルタのソフトな声と温かそうなタレ目という持ち味がストレートに活かされたのが本作。 3つのエピソードが時系列をバラバラにして語られていくスタイルは当時としては斬新で、今も圧倒的支持を誇るエポックメイキング的な作品。

>

【人気投票 1〜32位】ジョン・トラボルタ出演の映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

ヒロインを演じたユマ・サーマンも蠱惑的な眼差しが魅力的で、二人のダンスシーンは後にパロディ化されるほど有名で、私にとっては今でも鮮明に思い出せるほど印象深いものでした。 そして、何といってもギャップ萌えのオンパレード。 出典 [ ]. 一方、意識を取り戻したトロイはショーンの顔を移植して……。 サントラ重視のビージーズの使い方とか、凝った構図とか、ナウい感覚だったんだなあ。 トラボルタはちょうどキャリアが低迷していた頃。 クエンティン・タランティーノ監督作。

>