原子力 安全 システム 研究 所。 原子力システム研究開発事業

公募研究

任務 [ ] 放射線防護・原子力安全研究所は原子力と放射線リスクについてのフランスの公的研究と専門知識を司る専門機関であり、これに関連付けられた科学的および技術的問題について統括する。 第1回(2013年度研究開始) 応募総数81件から13件を採択• 第3回(2015年度研究開始) 応募総数54件から10件を採択• 関連するウェブサイト. 教授 齊藤 泰司 saito. ヒューマンファクタの研究は、システムのなかで課題を遂行しようとする人間の行動・思考の特性を明示的に把握し、こうした人間の諸特性との関わりにおいてシステムの本来の目的を確実に達成するうえで必要な広範な手段、方法について研究するものといえる。 脚注 [ ]. しかしながら、ここで導入された新しい技術について、これに付随し新たに発生しうる異なる問題についても充分な注意を払う必要があろう。 原子力施設におけるヒューマンファクタ上の改善もこうした情報処理技術の発展を取り込むかたちで著しい進展が見られる。 旧日本原子力研究所東海研究所を改組してできた原子力科学研究所は、研究用原子炉、加速器、放射性物質を安全に取り扱える施設など貴重な研究施設を有し、これらを有効に利用した研究を実施できる重要な研究開発拠点となっております。

>

公募研究

海外原子力事業者との主な情報交換の実績 2019年度 海外の原子力事業者 情報交換 主なテーマ デュークエナジー社 〔米国〕 7回• (Adobe Readerはのサイトから無償でダウンロードできます。 新着情報• 例えば、複数画面の呼び出しを必要とするCRT画面の操作については、伝統的な人間工学的な配慮ではカバーできない問題、いわゆるキーホール効果(CRT画面上に表示されている情報の一部のみが意識され、全体の状況把握を困難にする効果)などについての充分な検討を必要とする。 社会システム研究所長 小泉 潤二 原子力という自然が与えた圧倒的エネルギーを人間が利用するためには、科学技術の側ばかりではなく、原子力発電という巨大装置を構想し設計し建設し、稼働し管理し維持する人間や社会の側を研究することが必要です。 2007年にデクレは改正され(2007年4月7日)原子力の安全性向上のため透明性を強化する。 1 公募研究(一般) 原子力安全技術研究所では、将来にわたる原子力の安全利用に必要な技術を中心として大学や研究機関と連携して取り組むことをねらいに「公募研究(一般)」をおこなっており、これによって広くアイデアを募集し、これまでにない視点で幅広い技術を見出すことに努めています。 改正後の要領は、令和2年4月1日以降に締結する委託契約から適用されます。 本部はに置かれている。

>

安全原子力システム研究センター

当社は、INSSが20年以上に亘って蓄積してきた技術・ノウハウを活用し、その高い専門的知見や研究者の第三者的な立場からの客観的な助言・提案を反映することで、より一層の原子力発電の安全性・信頼性の向上に取り組んでいます。 TMI事故はこうした先駆的なヒューマンファクタ研究の成果が実際の原子炉システムに適用される途上で発生した不幸な事故ということもできる。 またおよび法令の整備などもなされた。 なお、本説明会へ出席しなくても応募は可能です。 2.ヒューマンファクター研究とは? 我々の日常の生活を支えるため、様々な機械システムが稼働している。 この事故を契機として、操作器および計器の系統別配列と適切なラベリング、操作器の形状の用途別統一、警報の、当直長席への安全パラメータ表示システム(SPDS)用CRTの設置などの改善が施された(参考文献1)。 これは様々の環境・条件のもとで操作あるいは認知・思考に際し人的過誤の発生頻度を定量化し、原子力システムとしてトータルな安全性への人的過誤の寄与を見極め、システムの安全性の向上に役立てようとするものである。

>

安全原子力システム研究センター

のお申込みを開始しました。 を発行しました。 人事局• : Cognitive Systems Engineering,New York,Wiley(1994) (4)東京電力:「ABWR型中央制御盤」、東京電力パンフレット (5)電力中央研究所:国内原子力発電所におけるヒューマンエラー事象の分析(? を発行しました。 原子力安全と放射線防護の専門知識を保有する専門機関として、各事業者から提供された資料を評価し、各種関連機関に見解を配信する。 を掲載しました。 その他• さらに、高度の安全を達成するために、新たな視点でのヒューマンファクタ研究が原子力関連研究機関で進行している。 第4章で記述したように、高度情報技術の発展は、中央制御室の構成を大きく変え、より安全で信頼性の高い操作環境を提供した。

>

原子力科学研究所|原子力科学研究部門

ヒューマンファクタとは、一般にこうした機械システムにおいて機械それ自身と対比する形でシステムに含まれる人間の役割・要素を指す。 <図/表> ・図表を一括してダウンロードする場合は をクリックして下さい。 主要な特徴をまとめると、主要な監視操作を集約した主盤とプラント全体状況を運転員全員の共有情報として提供する大型表示盤の採用、運転員のワークロード分析に基づく自動化範囲の拡大、座位による監視操作の可能化などがあげられる(参考文献2)。 2009年には放射線測定装置の近代化を目的とした「監視機器の再配置」によりロワール渓谷、南西部およびローヌ渓谷を含む地域にある機器の更新が進められた。 を発行しました。 こうした事態を引き起こさないためには、中央制御室をどのように設計すべきか、運転クルーの構成はどのようにすべきか、どのような教育・訓練を行うべきか、あるいは運転手順書はどのようなものであるべきかなどの議論・研究が精力的に行われ、さまざまの改善が施されることになった。 専門的または不測の事態による人体への放射線防護、医療。

>

公募研究

見解に加えて研究所も分析して教訓を導き出し、施設運営を通じて専用ウェブサイトを経由して記録する。 デジタル安全防護システム• 新型コロナウィルス対策 韓国水力原子力発電会社(KHNP) 〔韓国〕 1回• 第5回(2017年度研究開始) 応募総数50件から10件を採択• これによりフランス全国の環境放射能に関する情報を一元化する目的を達し、適切に測定方法を強化した結果、全ての専門家や市民は容易にアクセスできるようになった。 2007年7月にはの全活動がISO 9001を取得する。 研究活動の紹介 研究用原子炉、加速器、放射性物質を安全に取り扱える施設など貴重な研究施設を有し、これらを有効に利用した研究を実施できる重要な研究開発拠点となっております。 こうした問題を背景として、システムを構築する際にあらかじめ人間の思考などの諸特性を明確に取り込んだシステム設計の方法論、認知システム工学(Cognitive Systems Engineering)とよばれる分野も提唱されてきている(参考文献3)。 私どもは、日頃から安全確保の徹底を大前提とし、地域との共生や情報公開に積極的に努めていきます。

>

世界に学ぶ|終わりなき改善活動|あくなき安全性の追求|原子力発電について|エネルギー|事業概要|関西電力

を発行しました。 新型コロナウィルス対策 フランス電力株式会社(EDF) 〔フランス〕 2回• TMI事故の発生した1970年代後半から現在までの20年の間、情報処理技術はめざましい発展をしてきた。 <概要> ヒューマンファクター研究は機械システムのなかで課題を遂行しようとする人間の行動・思考の特性(能力と限界)を明示的に把握し、こうした人間の諸特性との関わりにおいてシステムの本来の目的を確実に達成するうえで必要な広範な手段、方法について研究するものと位置づけられる。 放射線防護・環境・廃棄物危機• このような観点から、原子力安全およびに対する人体への影響の防護、放射性物質、設備および悪意に対するリスクに関する公共政策に寄与する。 研究開発を進めるに当たりましては、国民の皆さんにご理解いただき、信頼いただけることが前提です。 を発行しました。 PDFをご利用の際には、Adobe Reader日本語版が必要です。

>

社会システム研究所

リスクというものは決してゼロにはなりませんが、安全を常に最大化し、さまざまな方法でリスクを管理しうるものとして最小化し、社会的理解と合意に向けて努力していくことが必要です。 防衛・保安・核不拡散• これらの担当者はフランス本国およびポリネシアに12個の出先機関に派遣されており、特に規模の大きなものは、およびの3箇所に及ぶ。 この事故では、運転クルー(原子炉運転員)が長時間にわたり原子炉で発生した事象の進展を正しく把握できず炉心損傷に至った。 研究目的. 原子力発電のリスクをさらに低減するため、海外の知見や国内外情報をより幅広く収集し、安全性向上対策への反映を検討しています。 このため社会システム研究所は、心理学、社会心理学、応用心理学、社会学、社会調査法、エスノグラフィーをはじめとして、さまざまな角度から安全と信頼のための研究を行っています。 こうした機械システムには、原子力発電プラントのように、生活に必要な電力エネルギーの生産を行うものであるとか、飛行機、船舶など物資、人間の輸送手段を提供するもの、さらには我々の日常的な通信手段を提供するものなど多岐にわたる。 エネルギー資源の不足、資源コストの上昇、経済発展の基盤の必要性、安全の保障など、日本固有のエネルギー状況があるばかりでなく、グローバルな環境問題、地球温暖化、世界的な電力需要の拡大、資源競争の激化など、中長期的な問題に対処するためにも、柔軟かつ広い視点からエネルギー確保の可能性を追求することが重要となっています。

>