角松 敏生 ワークス。 角松敏生ワークス

『角松敏生ワークス』7月22日、タワレコ限定販売を含む2タイトルを同時発売!名曲をタワレコが厳選してコンパイル!

そこからのチョイスは、プロジェクトのキックオフ・シングルとなったsala、後にソロ・デビューしたAnnaと、今ではミュージカル・シンガーとして活躍している吉沢梨絵と角松のデュエットで、『VOCALAND 2』のハイライトとなった「NEVER GONNA MISS YOU」。 昭和~平成ミュージックシーンの1ページ トチ夫 様 2020-08-06 21:27 デビュー間もないころから現在に至るまで、多少のブランクを除いて自他問わずコンスタントに活動を続けてきた角松の足跡がこの一枚に詰まっている。 角松宅のポストに直接投函したデモ・テープが認められて86年にデビュー。 なのに、10年後にこういう形でまとめてもらえたのは驚きでもあり、不思議でもあります。 ファンとしてはおさえておかねばという、そんなところです。

>

角松敏生

西城秀樹、中森明菜ら歌謡曲寄りのシンガーが続くのは、このフィールドが最も制作資金が滑沢で冒険が可能、だから角松にもチャンスが巡ってきた、ということである。 1989年のアルバム『DUMPO』まで5作プロデュースする。 以降、2011年頃まで、しゃかりのメンバーをはじめとする沖縄のローカルアーティストとの共演がライブ・作品共に目立つようになる。 角松のバックバンドのメンバーのなかでは一番の古参で、1981年にデビュー直前の逗子のレストランで行われたプロモーション・ライブにも参加していた。 また、 あの頃すでにこんなことをしていたのだということを若い世代に理解していただき、 その歴史的意味を継承することができるなら、 そしてそれが未来の役立てに少しでもなるなら、 それもまた幸いと思う次第であります。

>

角松敏生 「角松敏生ワークス」(2タイトル同時発売)

その発売時、2月22日付けのオリコンのアルバム・ランキングにて、このアルバム『CATCH THE NITE』が1位、同時期に発表した自身のアルバム『』が2位で、1・2フィニッシュを飾るなどいまだ他の誰もが成し得ていない偉業を達成した。 角松敏生提供曲を編曲&プロデュース。 学生時代にでのアルバイト経験が有る。 それまでは3台程車を乗り継いでいた。 明菜の場合は、アイドルからの脱却を狙った試金石的作品ゆえの角松キャスティング。 商業的成功は続き、角松はこの路線に自信を深めて追求していく。

>

角松敏生の仕事をいまこそ振り返ろう! 杏里や中森明菜、『角松敏生ワークス』から聴こえる過去と未来

当時のヒット曲の指標で、ランキング番組の系『』や系『』にはレコード売り上げ結果以外の要素も重要視(特に視聴者からのリクエスト葉書の数量)されることもあって番組内で最低限紹介される対象の20位圏内にランキングすらされなかった。 その一因として、コンスタントにシングル曲は出すものの、プロモーション戦略でテレビの歌番組に出演することを避けていたため、たとえタイアップ曲であっても、どうしても世間一般への浸透が進まなかった。 コーラス:、、吉川恭子、亜季緒、上森真琴• 内容の増大は歓迎されません。 角松敏生ワークス —GOOD DIGGER- 角松敏生ワークス —GOAL DIGGER- 1981年にアルバム『SEA BREEZE』、シングル「YOKOHAMA Twilight Time」でデビュー以来、いつの時代も創造と革新を求め、拘り抜いたサウンド・プロダクションによって常にパーフェクトを追求してきた角松敏生は、いち早くNYサウンドにもアプローチし、さらに他アーティストへの楽曲提供や編曲、プロデュースも手掛けています。 角松敏生 コメント Sony Music Labels Inc. オリジナルアルバムとしては前作『』に一曲提供(「THROUGH THE NIGHT」の作詞・作曲・編曲)したのが最初の関わりで、シングル中心の歌謡曲路線から脱してアルバム・アーティスト路線にアプローチしてみたかった西城の依頼に応えたもの。

>

Various Artists 角松敏生ワークス

中山が杏里のアルバム「」がお気に入りで愛聴盤だった為に角松に楽曲提供を依頼して、まず最初の関わりであったのアルバム『』に三曲提供し、その中のバラード曲「」が彼女本人が好んでいた曲であったことからライブでも頻繁に歌われるようになる。 西城とはアルバム2枚に渡るコラボだったが、元々RCAのレーベル・メイトで同じディレクターだったご縁から。 リミックスといえば、今は亡き大御所キーボード奏者:佐藤博(12年没)との「ANGELINE〜Extended Power Club Mix」もその好例。 この手法を「以前トライアングルがレイジーで成功した手法だね。 そういう潮流の中に、今回のコンパイルもあるのかもしれません。

>

『角松敏生ワークス』タワレコ限定販売を含む2タイトルを同時発売!「嬉しくもあり同時に複雑な想いでもあります」

SURPRISE OF SUMMER Artist 作詞 作曲 編曲 4. また、マーマレードの社長.梶岡勝は退社したトライアングルの社長・藤田浩一と仲が良かったという(『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』のインタビューより)。 角松自身、南佳孝こそシティーポップと呼ばれた最初期のアーティストだと語っている。 知らなかった曲がいっぱい! おけっち 様 2020-08-04 01:49 初めて聞く提供曲がたくさん収録されていたのでとても新鮮に楽しむことができました。 もうひとつ、凍結中の角松敏生が起こしたアクションは、新たなプロデュース・レーベル:iDEAKの立ち上げである。 「」 この曲が収録されているアルバムがバカ売れしてディスコで良くかかるようになったときに、AORは到達点を迎えたと思ったという。 他アーティストへのプロデューサー業で数々のヒット曲を生み出したのに比べ、本人名義としては一般的な認知を得られるほどのヒット曲を持っていないことを自身でかなり気に掛けていて、今後の目標のひとつにその達成を掲げたいと、近年はライブのMCやインタビューなどで表立って言及している。 時代的にバブルの走りだったこともあり、音楽業界やテレビ業界とか、いろいろな方々が集まっていて。

>

Various Artists 角松敏生ワークス

」と思い聴いてみると、はっぴいえんどの音とは全く違う感じで「これはこれでいいものなのか? 自身のデビュー後に聴いた作品。 外部リンク [ ]• だから彼の関連作はひと所に集まりやすいのだ。 オーンが影に回りがちなセッションマンたちに陽の目を見させるミュージシャン志向だったのに対し、iDEAKはよりトータライズされて幅広いアーティストに関わった。 4曲中3曲は3部作からのチョイスだが、大ヒットした『悲しみがとまらない』のカップリングでアルバム未収の「Remember Summer Days」が入っているのが嬉しいところ。 そうした志向が当時の角松と共鳴。

>