不 沈 戦艦 紀伊。 紀伊の詳細・評価・オススメ装備

戦艦大和神話・戦艦武蔵!無敵の不沈艦はなぜ沈んだ!図面から見えた沈没の原因!!

評価対象は「作品の中身」。 。 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• 武装は凄いだろ?」 「凄いものじゃないです」 「それだけじゃない。 高角砲自体も長10cm砲より危害半径に優れた(八九式より長砲身)が搭載された可能性もある。 また、によって艦名は「紀伊」、「尾張」(の計画艦の名を引き継ぐという意味かも知れない)が予定されていたという説が唱えられているが、 後世のにはこの名前で登場する場合が多い 超大和型の艦名に関する資料は存在しないため、これはあくまで戦艦艦名の命名規則に従って推測された艦名に過ぎず、想像の域を出ないものでしかない点には注意が必要である。 米兵は肉つきの良い、いかにもヤンキー、日本人はいかにも国のために死力を尽くす忠勇な軍人と、わかりやすすぎる構図となっています。 米国は真珠湾で主力の戦艦を5隻も失いましたが、結果的にはこれによって 「空母建造に注力」することが出来て空母主体の機動艦隊を編成して、 ミッドウエー、レイテの海戦で大勝利を収めたのは——皮肉なことでした。

>

pep.planejamento.gov.br

50音順• 本型は超紀伊型戦艦ともいうべき艦型であり 、五〇口径46センチ砲 連装砲塔四基を搭載予定だった。 フィリピンはアメリカの手に落ちてしまう。 決戦の舞台沖縄に突入する超巨大戦艦の運命は!?著者入魂の架空戦記巨編、初文庫化の第一弾! 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 子竜螢(シリュウケイ) 1954年、富山県高岡市生まれ。 装甲製造能力が不足なら建造期間短縮は不可能。 装甲 - 舷側330 mm ヴィッカーズ甲鈑 傾斜15度 、甲板約127 mm 新ヴィッカーズ無滲炭均質甲鈑+高張力甲鈑 同型艦 [ ]• 「ところで提督。

>

不沈戦艦紀伊 コミック版

その後ので110号は空母に改造されとして就航した。 getTextInfo layer, text, font, angle. 50音順• 戦争や戦艦大和について知りたいと思った際に、まず読んでおきたい一冊です。 計画変更には遅すぎます。 moveTo left, bottom ; if drawLeft c. 70年以上もの間、深海で眠り続けていた武蔵の腐食は、微生物の少ない低水温によって最小限に留められていました。 ゴムとスポンジの層があるからな」 「……一体何発の魚雷を命中させたら沈むんですか?」 「まぁ……八十本前後くらいだろ」 「………」 俺の言葉に加賀は相当ショックを受けていた。 「ヒャッハー怖いヒャッハー怖いヒャッハー怖いヒャッハー怖いヒャッハー怖い……」 「提督、トラウマを思い出すのは良いですが大型建造は駄目ですからね」 「くぅ~良いじゃないか高雄の馬鹿、バカメ 笑 、俺とケッコンカッコカリして下さい」 「撃ちますよ提督?」 「サーセン」 俺に二十.三サンチ砲を向けた高雄に土下座をした。 日本は八八艦隊を建設しての太平洋進出に對抗せんとしたが、この八八艦隊はいづれも艦齢八年以下で、毎年二隻を建造して一九二七年までには十六隻の主力艦を有する豫定であつたから、亞米利加海軍は日本海軍のためにその海上の優越權を奪はれることになる。

>

紀伊の詳細・評価・オススメ装備

1920年頃、英米は共に18inを次世代主砲として開発中です。 本書ではそんな大和の詳細が忠実に再現されているので、世界最強といわれた理由がよくわかるでしょう。 以前に大型建造をした時、大和とあきつ丸狙いでチャレンジしたが結果はまるゆにヒャッハー(隼鷹)、蒼龍であり資源は二桁だった。 14時22分 「大和は横転して大爆発」を起こし、14時23分 海底に沈んでいきました。 防御力を強化するほどの価値はありません。 ところが集められたデータによって、艦首と艦尾が見つかったほかは、粉々になって、 1キロ四方の広範囲にバラバラに散らばっていたことが明らかになったのです。

>

『提督の奮闘記』

(ただし主砲口径の割に船体が細長いので、安定したプラットホームとなったかは疑問無しとせず) 何はともあれ、数で劣勢なのだから、個艦性能で優越しなくては、千に一つも勝機は無くなるでしょう。 完成からわずか2年で海へ消えた「最強の戦艦武蔵」。 此の作品は逆説的という括りは付くけど、意味のある作品だと思います。 330mmの装甲は後のに比べるとかなり見劣りがするが、計画当時の砲弾性能においては、46センチ砲弾に耐えうるとされた。 ゲーム:• そして日本国民に対し、戦争の命運を分けるのは戦艦の強さであるという認識を刷りこんだのです。

>

紀伊の詳細・評価・オススメ装備

しかし、武蔵にはもうひとつの謎が残っていて、 形をとどめたまま沈んだ武蔵が、なぜ、バラバラになっていたのか? 今回発見された沈没船武蔵の艦首です。 チリIII• 「 進歩のない者は決して勝たない。 起工されたのは天城型の高雄・愛宕です。 天城型量産論は、量産期間中の情勢変化や量産終了後を踏まえた長期的視野が無い。 だが紀伊型戦艦の時点で、連装砲塔多数か、三連装砲塔にすべきか、四連装砲塔にすべきか、試行錯誤を繰り返していた。 画が綺麗なので、そういう部分では、他の架空シミュレーション戦記のものよりは見やすく、馴染みやすいかも知れません。 「響!? 曙と潮も確りして!!」 「どうした天龍!!」 「て、提督。

>

pep.planejamento.gov.br

海軍雑誌『海と空』 昭和十九年八月号 p23「艦砲攻撃」(植松尊慶稿)• 最終的に最後の4隻も天城型と同型とされたらしい事を考えると真の紀伊型とは? 紀伊型の速力ですが「世界の戦艦」でも大塚先生が考察されておられるとおり、実際にはあれだけの装甲強化があの排水量で収まるとは考えられず28ノット台に落ちただろうと思われます。 大和型でさえ予備砲身は空母へ改装される信濃から流用してますし。 戦艦同士の戦いを漫画の中とは言え、見ることが出来るなんて、心底から堪能させて貰えました。 実は時代遅れの劣悪な戦艦だった! 実は時代遅れの劣悪な戦艦だった!惨めにも・戦わずして沈められた! おそらく戦艦大和についての最初の証言であろう本書に、すでに、戦闘にかんして大和がいかに劣悪な兵器であったかが証言されている。 「『紀伊』という艦名を付けた旧日本海軍の艦艇は存在しない」 「何を言っているんだ提督!! 紀伊はレイテ沖で扶桑達の仇を取り、硫黄島を犠牲にしてまで内地に重油を運び、あのB-29を撃退したじゃないか!!」 「長門、お前……」 長門の叫びに俺は驚いた。

>

十三号型巡洋戦艦

何隻かは五〇口径41センチ三連装砲塔四基 計12門を搭載し、最終型2隻のみ46センチ連装砲塔四基 計8門を搭載。 吉田いわく、そのなかには創作も含まれているそうですが、それが戦記としての価値を下げているわけではありません。 そして紀伊はヲ級を撃沈して第一艦隊は帰投した。 けどな、空母は隼鷹はしか倒れていない」 「……空母にはあまり異常は無いということかしら?」 「それなら隼鷹も倒れていないだろ? それに報告で気になるのは倒れた艦娘達に共通する点がある」 「……何かしら?」 「……戦没がレイテ沖海戦から終戦まで生き延びた艦娘が倒れている」 「……ただの偶然……ではなさそうね」 「あぁ……ただ今は艦娘達の回復が先だな」 俺はそう締め括った。 「これと言った不審な点は無いな」 「済まないな提督」 「良いよ良いよ長門。 大爆発を起こし豊後水道の海底に沈む「不沈戦艦大和」! 魚雷10本以上の直撃を受け、大爆発を起こし豊後水道の海底に沈む「不沈戦艦大和」! 大爆発を起こして沈んだ、無残な戦艦大和! 大和最期 甲板で喘ぐ乗組員3000名! 大和最期 甲板で喘ぐ乗組員3000名! 戦艦大和の船腹は410ミリの分厚い鋼鉄で作られている上、1147に及ぶ防水区画が有るため 魚雷攻撃で浸水しても防水区画を閉鎖し反対側の防水区画に注水してバランスを採るという 当時の最先端の注排水システムにより浮上し続けることが出来たのでした。

>