ヒトゲノム 計画。 4月14日 ヒトゲノムの解読完了宣言(2003年)(ブルーバックス編集部)

安く早く簡単に、進化するヒトゲノム解読、医療応用も:朝日新聞デジタル

個人情報を連結可能匿名化した情報は、研究を行う機関において、当該個人情報に係る個人と当該情報とを連結し得るよう新たに付された符号又は番号等の対応表を保有していない場合は、個人情報に該当しない。 そのため、研究機関は、個人の遺伝情報および個人識別情報を含む個人情報を保護し管理するために必要な体制と手続を整備しなければならない。 日本では2000年6月,科学技術会議生命倫理委員会が,この研究に際して研究者や医療従事者などが守らなければならない〈ヒトゲノム研究の基本原則〉を定めた。 ヒトがより優れたゲノムを持つヒトを作り出す、あるいはヒトでなくても別の生物を創造する、それは果たして許されるのか?科学者は技術(者)としてそれが可能かどうか理論・実践的に証明することを目的として研究を行いますが、それらの応用性についての議論を怠りがちです。 また、エンサイクロペディア計画や1000人ゲノム計画により、ヒトゲノムの中に普遍的に存在する多型もほぼ全て明らかになってきました。

>

京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 — 京都大学

早起きは良いことじゃぞ。 (5) 研究責任者は、ヒトゲノム・遺伝子解析研究の実施状況について、研究を行う機関の長に1年に1回以上、定期的に文書で報告しなければならない。 ただし、次に掲げる要件のいずれかを満たすとともに、倫理審査委員会の承認を受け、かつ、研究を行う機関の長により許可された場合についてはこの限りでない。 4. 研究責任者は、提供者が自らの遺伝情報の血縁者への開示を希望していない場合であっても、次に掲げる要件のすべてを満たす場合には、提供者の血縁者に、提供者の遺伝情報から導かれる遺伝的素因を持つ疾患や薬剤応答性に関する情報を伝えることができる。 またそうした研究結果を知ることを望まない提供者には、これを伝えてはならない。 < 匿名化した情報の取扱いに関する細則> 個人情報に該当しない匿名化された情報を取り扱う場合には、連結可能と連結不可能の区別に留意し、適切な措置を講じることとする。

>

わたしたちの遺伝

成果は広い領域で応用されており、たとえば、得られた大量の塩基配列情報をスーパーコンピュータで解析するバイオインフォマティクスbioinformaticsや、ゲノム情報を新薬の開発等に活用するゲノム創薬、個別化(パーソナル)医療personalized medicine(テーラーメイド医療tailor-made medicine、オーダーメイド医療)、プロテオミクスproteomics(ゲノムとタンパク質の関係の解析)、などがあげられる。 swiper-pagination-progressbar. "サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。 第二十三(倫理委員会) 1.ヒトゲノム研究にあたっては、その研究計画について、独立で学際的かつ多元的な倫理委員会による事前の審査を経なければならない。 < 注2> 受精卵、胚、胎児、ES細胞等の提供を受けて研究を実施することについては、本指針の趣旨を踏まえることは必要であるが、別途、倫理上の観点等からの慎重な検討が必要であり、本指針を充足しているのみでそれらの研究を実施することを適当とする趣旨ではない。 だが、この計画が固有の倫理的、法的、社会的な問題を生じないというのは本 当だろうか。

>

セレラ社がヒトゲノム読み取りレースに勝ち名乗り

(ハ)前2号の場合において、提供者の遺伝情報を含む個人情報が、その匿名化の可能性も含めて、どのように管理されかつ保護されるか説明されなければならず、それらの情報の厳格な保護が保障されなければならない。 (オ) 提供者又は代諾者等の同意を得ることが困難であること。 現実に、ほとんどの遺伝病がいまのところ治療できない。 この背景にはわが国のゲノム研究は単にヒトゲノムの解読だけを目標とするのではなく、様々な生物のゲノム研究を並行して進めることが生物学・医学の発展に不可欠であるとの共通認識がある。 ただし、未成年者が16歳未満の場合には、その代諾者の意向を確認し、これを尊重しなければならない。

>

ヒトゲノム計画

とりあえず出た成果の直接比較が必要。 元々長大なDNAの一部を切り分けて500〜700(後には1000近くまで読めるようになりました)塩基ずつ解読するわけですから、前後のつながりを分かるようにしなければなりません。 近年の研究では、ゲノム中のほとんどのが生化学的活性(遺伝子発現調整、染色体の構造形成、のコントロールなど)を持っていることが示唆されている。 (h)発表論文、データベースなど299件(登録済みのもの) <ミレニアム・ゲノム・プロジェクト評価・助言会議評価>• 「しかし驚いたことに、ヒトゲノムに含まれていた遺伝子の数は予想よりかなり少なく、2万~2万5000個しかなかった。 これは予定より2年早い完成であった。 加えて、ヒトゲノム研究の成果を用いた診断や予防、治療などの応用面にもさまざまな課題があり、それらについても別途規範が定められなければならないが、その際には、ここに示された諸原則の理念が参考にされることを期待する。 「倫理上の難しい問題は、遺伝子データを応用することによって、病気、才能、 性格などの基盤に影響を及ぼすことができることである。

>

ヒトゲノム

内容が雑然としており、人員の規模が大きすぎるので、評価を行い研究費の配分を重点化すべき。 そうしてはじ めて、ヒトの設計図の全貌を解明することができるのである。 (10) 試料等の提供が行われる機関 研究を行う機関のうち、医療機関や保健所のように、人々から試料等の提供が行われる機関をいう。 エドリン著、清水信義監訳:ヒトの遺伝学、東京化学同人、1992. その職を辞した後も、同様とする。 遺伝 子は、しばしば環境との相互作用の結果としてその影響を現すからである。 (24) 研究を行う機関の長は、提供者又は代諾者等から、当該提供者が識別される保有する個人情報の内容が事実でないという理由によって当該保有する個人情報の内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」という。

>

ヒトゲノム計画

目標期間は15年。 1. 任意後見人、親権者、後見人や保佐人が定まっているときはその人 2. 提供者の配偶者、成人の子、父母、成人の兄弟姉妹若しくは孫、祖父母、同居の親族又はそれらの近親者に準ずると考えられる人 < 細則3(遺族の選定の基本的な考え方に関する細則)> 研究責任者は、遺族について、一般的には、以下に定める人の中から、死亡した提供者の家族構成や置かれていた状況、慣習等を勘案し、提供者の生前の推測される意思を代弁できると考えられる人が選定されることを基本として、研究計画書に遺族を選定する考え方を記載する必要がある。 」 「そこなんじゃ。 ある生物のゲノムとは、その生物つくるのに必要な遺伝情報物質 DNA の全体 あるいは1セット をいうのである。 ・ 外部委員を半数以上置くことが望ましいが、その確保が困難な場合には、少なくとも複数名置かれる必要がある。 なお、犯罪捜査等、法の定める場合に限り、個人情報が開示されることがある。 計画の実現にあたっては、DNAの二重螺旋構造の発見者であるジェームズ・ワトソン博士の積極的な働きかけがあったと聞いています。

>

わたしたちの遺伝

両者が法律および金銭面でどのような交渉を行なったのかは不明だが,セレラと国立衛生研究所が対立を解消し協力したことで,ヒトゲノム配列の解析が早まった。 提供者は、原則第十三の知る権利と関連して、研究結果を知りたくないときには、知らないでいる権利がある。 < 研究計画書に記載すべき事項に関する細則> 研究計画書に記載すべき事項は、一般的に以下のとおりとするが、研究内容に応じて変更できる。 さらに、これらの疾病の早期発見と早期治療にも貢献すると期待される。 (4) すべての研究者等は、職務上知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしてはならない。

>