百尺竿頭 に 一歩 を 進む。 大河ドラマ直虎 大死一番絶後再蘇(大死一番、絶後再び蘇る)とは?窮地の直虎が覚悟を決め発した禅語

捨てる 5

百尺竿頭不動人、雖然得入未為真、百尺竿頭須進歩、十方世界是全身。 しからざれば、キリストと共に復活する霊的な新しき生命に歩むこともできないからである。 あなた鈴木大拙を読んでるでしょ?? 「おい!アニキ!覚悟は良いか??」真宗の妙好人、讃岐の庄松(明治4年往生)の言葉。 『十方世界に全身を現ず』とは、悟って悟って、悟りの世界にもひっつかいていない。 「百尺竿頭に一歩を進める」• 仏道を窮め尽くしても、そこに踏みとどまってはいけない、頂点を極めても、さらに向上すべしということでしょう。 動物学者はきっと親鳥が戻って来て背中の上にでも乗せて下の海まで運んで行くのだろうと考えていた。 「百尺竿頭一歩を進む」 百尺の竿のてっぺんまでやっとに達したのに、まだ進めというのか。

>

こころの杖 -百尺竿頭一歩を進む-

古人も「百尺竿頭に一歩を進めた者でないと、この境地は判らぬぞ」と言っています。 しかし、人はどんなに努力しても、時には大きな壁にぶつかり、八方ふさがりになり、 そこで座り込みます。 「一歩を進む」生き方は、自我を造る生き方を否定して、自然や生命を支える自己の身心に感謝し、人のために生きる生き方をすることです。 と悟ってない凡夫は理解しています。 一般的には「百尺竿頭一歩を進む」といった使い方をするので、この使い方を覚えておくと良いのではないでしょうか。

>

9443:百尺竿頭進一歩、大死一番絶後再蘇 再録 : 江東区南砂町 清澤眼科医院|白内障・緑内障・眼瞼けいれん

須く、終わりというものはない 山岳家は目指す山の頂点を極めて、その山の頂に立つと、さらに次に目指すべき山の頂に立つことを思い描く。 意味は少し違いますが「限度に達する」という部分が「百尺竿頭」に似ていますね。 このことわざからすれば、すべて知っているような発言をする人は 百尺竿頭の先まで達した人なのでしょう。 しかし、如何ほど高い境地 にあっても、そこに留まって安住していたら何のはたらきも出来ない。 更にかみ砕いて言うと「悟りの境地に達しても、そこに安住しているのは本当の悟りではなく、そこから身を投げ出して十方世界(あらゆる所)で人々のために尽力してこそ本来の悟りである」ということになります。

>

『百尺竿頭進一歩』、貴方が進んだ一歩は何ですか?

ではその後の人生は安穏として送れるかというとそうはいかない。 「百尺竿頭に一歩を進む」の例文• しかし、だからと言って歩みを止めてしまうのではなく、歩みは遅くとも勇気を振り絞って一歩を踏み出すことこそが大切ではないでしょうか。 存在する全てのものは、時間と空間の束縛を受けますので、刹那生滅しておりす。 「さらに一歩を進む」は、長い竹竿の先端からさらに一歩を踏み出すことをいいます。 確かに「一寸先は闇」であり、私達の人生には多くの苦難が待ち受けています。 厳しい天地自然の現実から人間だけが枠外にあって良い筈がない。 やがて雛がかえり一週間もすると親鳥達は遥か眼下の海へ帰って行ってしまう。

>

こころの杖 -百尺竿頭一歩を進む-

生きるか死ぬかの瀬戸際まで追い詰められ、断崖絶壁から身を躍らせ決死の覚悟で活路を見出してゆかなければ、明日の命のないことを肝に命じるべきだ。 よって、私は長い間苦労したとしても、それを苦労とせず、今までと同じように日々を過ごすわ。 百丈竿頭(ひゃくじょうかんとう)• 「百尺竿頭の先では、前に歩けば落ちる、後ろに退いても揺れて落ちる。 2013-02-20 「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に須 すべか く歩を進め、十方世界に全身を現ずべし」 『無門関』(むもんかん)の第46則に「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に須 すべか く歩を進め、十方世界に全身を現ずべし」という禅語があります。 「百尺竿頭」を単独で使う場合はあまりありません。

>

大河ドラマ直虎 大死一番絶後再蘇(大死一番、絶後再び蘇る)とは?窮地の直虎が覚悟を決め発した禅語

」という意味です。 そこには従来までとは全く違った別世界が広がり、新しい生命の根源を手に入れることが出来る。 「梅雨」の読みは、さつきやみ。 悟りくさくてもいけない。 確かにこれまでのシステムが猛烈社員をうみ滅私奉公を育て、それなりの存在価値を持っていたことは否定出来ないのだが、各企業共今やそんな呑気なことを言っている状況ではなくなったのである。

>