ムスカリ 育て 方。 ムスカリの育て方|植え付けから花後までを詳しく解説!【初心者必見】

ムスカリの育て方☆気になる花後の手入れポイント

お礼肥えを施します。 開口部ギリギリまでセラミスを入れて、瓶から飛び出したように植えるのもかわいいですよ。 それを10月ごろにまた同じように植えます。 ムスカリとは• また、三段重ねの「トリプルデッカー」もあります。 この位の距離が一番花の見栄えがよくなるようです。 少し間隔を空けて球根を植え付けて下さい。 数の目安は5号鉢 直径15cm で7球程度、庭植えなら5cm~15cm間隔で植え付けます。

>

球根で育つムスカリの育て方のコツは?来年も咲かせる工夫は?|ガーデニング|趣味時間

ムスカリを鉢植えで育てる場合は、置き肥として化成肥料を与えてあげます。 何年も植えっぱなしにしていますが毎年花を咲かせてくれます。 ボリュームのある八重咲きや2色咲きの品種もあり、目を楽しませてくれます。 (掘り上げから分球まで)• 自分で用土をブレンドする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合で作ります。 ムスカリだけ育ててもとても可愛いですが、 チューリップと一緒に寄植えしても素敵ですよ。 ムスカリの肥料 ムスカリの肥料については植える前に地植えなら化成肥料を施し植木鉢ならマグアンプKなどの化成肥料が匂いがしないのでオススメです。

>

ムスカリの育て方☆気になる花後の手入れポイント

風通しの良い日の当たる場所に置けば間違いなく花を咲かせてくれるでしょう。 ムスカリも日当たりを好む ムスカリは球根の中でも耐寒性の強い植物ですが、日当たりが悪い場合は良く育ちませんので鉢植えの場合はできるだけ日当たりの良いところで管理し地植えの場合は大きな樹木の下などの日陰に植えることは避けます。 3段目から球根を3個、4個と1つづつ増やして、水苔・土とその都度入れていきます。 敢えて言うならば、 花壇などの寄せ植えにも、重宝されるお花として有名です。 植え付けの適期と方法 夏が過ぎて涼しくなってきてから植えるのが、ムスカリの育て方のコツです。 その時をねらってもぐらになりましょう! というか、球根の掘り上げをしましょう。 種や苗…、お花には それぞれの育て方があります。

>

ムスカリの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

以上のことを本文で解説していますので、最後までお読みいただければムスカリの育て方や花後の管理が全てわかります。 肥料は3月下旬までに終えるようにしましょう。 さて、感傷にひたっているときではありません。 以上、ムスカリの育て方をお伝えしました。 もし、植え付ける地面があったら地植えして葉が枯れるまで育てると、また来年、花が咲きます。 植えっぱなしにすると、秋に葉が伸びて草姿が乱れるので、開花期に見苦しくなります。 育てる際は、日当たり、水はけのよい場所を選ぶことが大切です。

>

ムスカリの球根を水耕栽培でかわいく育てる方法

花は青紫色、八重咲きや香りのあるものもあります。 そのためには花が咲き終わった後には、花茎を付け根から切ります。 ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。 先端につく花は淡い紫色で、不稔性です。 腐葉土3• 興味がある方は小さな鉢から作ってみてください。 植え付け時期は10~11月ごろとちょっと寒くなってからです。 球根を増やしていきたい場合には、分球をするようにしましょう。

>

ムスカリの花の種類、失敗しない育て方や花が終わったらすること!

早春の早い時期に一度短く刈り込みます。 プルモーサムの花は、長く縮れた花柄が羽毛のように見えることから、別名「羽毛ムスカリ」とも呼ばれています。 球根は、毎年掘り上げても構いませんが、3年にいちどの割合で掘り上げるのがベターです。 花壇の縁取りやマッス植えなど、ある程度数をまとめて群生させると、さらにそのよさが発揮されます。 必ず球根の先端がチキンネットの先端に向くようにすること。

>