ファン ダイク 怪我。 【リバプール】ファン・ダイク、右膝前十字靭帯負傷の可能性 最大7~8か月離脱も 『beIN Sports』報道

【リバプール】ファン・ダイク、右膝靭帯損傷で手術へ…エバートン戦で相手GKと交錯

ユニフォーム姿での撮影現場だった。 ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督) 「フィルヒル・ファンダイクの場合、(怪我は)試合のインテンシティによるものではなかった。 そして、こういう逆境で発揮する底力こそが、リヴァプールというクラブのアイデンティティ。 23歳。 みんな兄弟同然で彼をサポートするし、彼も神様を信じている」 ピックフォードに対しては多くの批判が浴びせられるなか、同じく守護神の立場にあるアリソンにとっても理解に苦しむタックルだったようだ。 右膝の靭帯を損傷して今季絶望となったリヴァプールDFフィルヒル・ファンダイク。 彼のタックルだけではない、リシャルリソンがティアゴ(・アルカンタラ)にやったタックルも酷かった。

>

激震!ファン・ダイク長期離脱

5日前に彼と話したが、彼にとっては苦しいことだろう。 You'll Never Walk Alone. なぜなら私たちの大半は、似たような状況を経験しているからだ。 2021年夏まで後ろ倒しとなったが、新型コロナウイルスの感染拡大が大問題となっている状況でもあり、各選手は「やむを得ない英断」と見ている模様。 ユルゲン・クロップが作り上げたメンタルモンスター軍団は、そう簡単には揺るがない。 このプレーでファン・ダイクは右膝前十字靭帯損傷の大怪我を負ったが、直前にオフサイドがあったため、ピックフォードの危険なタックルは見逃され、ノーファウルの判定となった。 エヴァートン戦で俺たちには多くのことがあった。

>

ファン・ダイク大けが時のVAR担当審判、週末リバプール対レスターの担当から外れる(Football ZONE web)

Joey(ジョー・ゴメス)の場合は間違いなく今シーズンのインテンシティのせいだった。 コウメティオとリース。 ほとんどジムワークもしていないそうだから、遺伝子の力は脱力したくなるほどに偉大である。 ファンや関係者、多くの人が失望したかもしれないが、やはり何よりも重要なのはみんなの健康と安全だ」とメッセージを発信した。 VARの担当を外れたクーテ氏は21日のマンチェスター・ユナイテッド対ウェスト・ハム戦の主審を務めるという。

>

王者リバプールに暗雲

ドレッシングルームでは、彼は常にいい雰囲気、いいムードを作ってくれる。 続けて、シーズン当初は期待できたリバプールにこの怪我の情報を受けて、タイトルレースに大きく差が開いたことも語っています。 自身を含めて家族が脅迫を受けたことから、ボディーガードを雇うなどしているという。 強引に復帰して、選手寿命が縮むくらいなら、今季いっぱい休んでもらう方が全然いい。 一時は全治まで7か月から8か月という報道もあったが、その点には言及していない。 もし違っていたら、いろいろ言われるだろうけども」と自身の過去を明かした。 そうしたなか、ユルゲン・クロップ監督は『Daily Mail』のインタビューでこんな発言をしていた。

>

「手術したファンダイクの膝は見た目が…」クロップが気になる発言

手術は成功したものの、チームは復帰時期を明かしておらず、今季絶望の可能性もある。 時にちょっとやり過ぎることもあるが、今回はトゥーマッチだった。 きっと、大丈夫。 全世界のすべての人にとって、厳しい状況にある。 先日、本職のCBかと見まがう程のパフォーマンスを披露した ファビーニョも頼もしい存在。 中盤の選手起用して、3バックとかやるかなー。

>

エバートンGK、ファン・ダイクへの“危険タックル”後に殺害脅迫 自宅周辺に警護員も配置(Football ZONE web)

みなさん、この決定を尊重してほしい」 ワイナルドゥムの同僚、同じくオランダ代表のヴィルヒル・ファン・ダイクはSNSで次のような見解を示した。 ピックフォードがやったタックルのやり方は完全に馬鹿なものだったと思う。 彼は世界最高の選手の1人だ。 『Metro』によれば、ファンダイクにタックルしたエヴァートンGKジョーダン・ピックフォードを痛烈に批判したという。 これは我々が心配する必要があるものだ。 全治は明らかになっていないが、長期離脱が確実視されている。 また、ピックフォードのプレーもレッドカードには値しないと結論付けられている。

>

リバプール守護神、ファン・ダイク負傷の危険タックルに“GK目線”で見解 「100%不必要」(Football ZONE web)

先月のマージーサイド・ダービーでVARを務めて批判を浴びたデイビッド・クーテ氏が担当を外され、代わりにアンドレ・マリナー氏が務めると英衛星放送局「スカイ・スポーツ」などが報じている。 新型コロナウイルス感染拡大が深刻化している状況を踏まえ、2021年に開催されることになったEURO。 しかし、そういう状態から、キャプテンまで上り詰めた人がすぐ近くにいますからね! セップは伸び悩み中なのか、後から出てきた二人に越されちゃった感ありますが、資質はいいもの持ってるハズ!同郷の大先輩の大怪我。 とはいえ、手術を受けた経過からすればいい。 その穴はリバプールに大きな影響を与えそうだ。

>