秋 の 交通 安全 運動 令 和 2 年。 令和2年度 年末の交通安全県民運動(令和2年12月1日~12月31日)/大津市

令和2年度 年末の交通安全県民運動(令和2年12月1日~12月31日)/大津市

令和2年「秋の全国交通安全運動」を実施します 広報啓発動画公開中! 上の画像をクリックすると動画(外部サイト)をご覧いただけます。 高齢ドライバーを含む高齢者の交通事故防止• 概要 令和2年2月18日に開催しました宮城県交通安全対策協議会において,令和2年度宮城県交通安全県民運動実施要綱を定めました。 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止 千葉県交通安全対策推進委員会 子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保 (1)歩行者の交通ルール遵守の徹底 歩行者の信号無視や道路の無理な横断による交通事故が発生しています。 高齢ドライバーの方は、運転するときの体調や気候も気にかけ、体調等すぐれないときは無理な運転は控えましょう。 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止 秋口は日没時間の急激な早まりとともに、例年、夕暮れ時や夜間に交通事故が多発する傾向にあり、また、高齢運転者による事故や、子どもや高齢者が被害に遭う交通事故が発生しています。

>

交通安全運動

また、飲酒運転、妨害運転(いわゆる「あおり運転」)等の危険運転による悲惨な事故も発生しています。 運転者・家庭・学校・職場・地域ぐるみで交通事故ゼロを目指しましょう。 運動の重点• 「飲んだら乗らない」を徹底しましょう。 愛知県交通安全県民運動は、人命の尊重を最優先に、県民一人一人が、交通ルールを理解した上で交通安全意識と 交通マナーを高め、交通事故のない社会の実現を目指して推進するものです。 歩行者保護ゼブラ・ストップ活動を広めましょう。

>

令和2年秋の全国交通安全運動

9月25日(金曜日) 歩行者保護の日・飲酒運転根絶の日• また、加害者となった場合に高額の賠償事例があります。 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用するよう声を掛け合いましょう。 高齢者• (自分が犯罪者になる前に思いとどまりましょう。 また、反射材は、自宅にしまってある場合もあります。 自転車は車両との認識を持ち、原則車道の左端を通行しましょう。

>

大阪府/令和2年「秋の全国交通安全運動」の実施について

飲酒運転は絶対にしない、させない、許さないという規範意識を確立し、県民総ぐるみで飲酒運転の根絶を目指します。 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用しましょう。 地域、職場、家庭でも、 飲酒運転を「しない、させない、ゆるさない」を呼びかけましょう。 加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえて、衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載された「セーフティ・サポートカー」の利用や運転免許証の自主返納等について話し合う機会を設けましょう• 「ながらスマホ」、「歩きスマホ」はしないよう声を掛け合いましょう。 このページの作成所属. スローガン:つくろうよ 事故なし 笑顔の鳥取県 令和2年9月21日 月曜日 から30日(水曜日)までの10日間、秋の全国交通安全運動が実施されます。 無灯火運転や二人乗り、並進、傘差し運転、イヤホンやスマートフォン等の使用、飲酒運転、いわゆる「あおり運転」は絶対にやめましょう。 (3)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 シートベルト等の着用を怠ると、事故の時に車外に投げ出されたり、窓ガラスや同乗者等に衝突して致命傷を負います。

>

令和2年秋の全国交通安全運動

皆さん、交通ルールを守るとともに正しい交通マナーを実践しましょう! この危険行為は自転車にも適用され、自転車の場合は、自転車運転者講習制度の対象となります。 タクシー、高速乗合バス及び貸切バス等の乗客に対して、シートベルト着用の重要性を周知し、全ての座席でのシートベルト着用を徹底しましょう。 飲酒運転等の危険運転の防止. 令和2年秋の全国交通安全運動 運動期間:令和2年9月21日(月曜日)から9月30日(水曜日)までの10日間 秋口は、日没の急激な早まりとともに、夕暮れ時や夜間には、重大事故につながるおそれのある歩行中・自転車乗用中の交通事故の増加が懸念されます。 全国交通安全運動の重点 (1)子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保 (2)高齢運転者等の安全運転の励行 (3)夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止• 運動の実施にあたり、実施要綱及びチラシを作成しております。 提供日 2020年9月16日 提供時間 14時0分 内容 大阪府、大阪府警察、大阪市、堺市など26機関で構成する大阪府交通対策協議会では、広く府民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けることによって、交通事故防止の徹底に取り組んでいます。 横断歩道等を通過する際は、直前で停止可能な速度で進行し、歩行者等がいるときは横断歩道の手前で一時停止し、その通行を妨げないようにしましょう。

>

交通安全運動

<運転者の方は> 歩行者や他の車両に対する思いやりの気持ちを持って通行する交通ルールやマナーを遵守しましょう。 飲酒運転の根絶 秋の全国交通安全運動(9月21日(月曜日)-30日(水曜日)) 運動の重点• 《運動の進め方》 関係機関・団体は、相互の連携を密にして、地域の実情に応じた実効性のある運動、住民参加型の運動を実施するとともに、その効果が本運動終了後も持続できるように努めます。 自転車乗車用ヘルメットの着用を推進しましょう。 自転車の運転者• 「秋の交通安全市民運動」について 秋は、日が沈むのが早くなり、交通事故が増える傾向にあります。 運転に不安を感じたときは、運転免許証の自主返納を検討しましょう。 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止• 実施期間• <シートベルトは> あなたの家族の命を守ります。 。

>

秋の全国交通安全運動が始まります(令和2年9月)/米子市ホームページ

令和2年 秋の全国交通安全運動 「令和2年秋の全国交通安全運動」を令和2年9月21日(月曜日)から9 月30日(水曜日)の10日間実施します。 飲食店等• 高齢者や子どもを見かけた時は十分に減速する、高齢運転者は改めて日頃の運転を振り返り、不安があれば運転免許の自主返納を検討するなどしましょう。 青森県トラック協会では独自に令和2年秋の全国交通安全運動実施計画を策定し、会員一丸となって本交通安全運動を推進することとしています。 <歩行者の方は> 明るい色の服装に心掛け、反射材の利用等で、運転者から見えやすくしましょう。 飲酒の機会があるときは、事前に飲酒運転は絶対にしないよう、タクシーや運転代行の利用、ハンドルキーパーの指定等についての検討や、出勤方法の変更を改めて職員に指導しましょう。 これからの時期は、普段と同じ時間でも日没が早くなり、危険です。 スマートフォン、携帯電話の使用は、安全な場所に駐車してから行いましょう。

>

令和2年度宮城県交通安全県民運動について

夕暮れの 一番星は 反射材• 自転車安全利用五則を守りましょう!• 高齢運転者等の安全運転の励行• 2 飲酒運転の防止 飲酒運転による事故のうち死亡事故に至った人数は全国ワーストです。 夕暮れ時と夜間(特に『魔の時間帯(午後4時から午後8時)』)の交通事故防止• 県内一斉大監視 4月10日(金曜日)午前7時から9時の間• 子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保• 関係機関、幼稚園、保育園、学校等が密接に連携し、地域ぐるみで子供を見守る活動等を推進しましょう。 徒歩や自転車での外出は、特に注意が必要です。 飲酒運転やいわゆる「あおり運転」の悪質性・危険性について話し合いましょう。 国民一人一人が、交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動することによって、交通事故を無くしましょう。 子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保• 飲酒運転やいわゆる「あおり運転」は悪質な犯罪です、絶対にやめましょう。

>