クローズ アップ 現代 かんぽ。 「かんぽ生命追加調査へ」反省見られない日本郵政、NHKクローズアップ現代の再放送求む!

クローズアップ現代+ 郵便局が保険を押し売り!?【NHKこそ大丈夫?】

実際に販売した社員は日本郵便の社員で、委託元がかんぽ生命なので、かんぽに電話した方がいいですよ。 もう青天のへきれきですよね。 」 実は、営業の報告のためとサインを促したときに使用されたペンは、もともとかんぽ生命がペーパーレス化を進めるために導入したもの。 」 これに対して幹部は、保険販売の数値目標を1割削減し業務改善を進めるとしました。 例えば私が詐欺の指示役にコンタクトをとった際に、「犬が苦手だ」と伝えてみたんですが、相手はすぐに「犬がいる家には派遣しない」と答えました。

>

シリーズ 検証・かんぽ問題① 実態解明と顧客救済は?

全ての社員がそういう方法で営業をしているのではないということを、どうしてもお伝えしたいです。 残念ながらNHK総合での再放送は現在やっていませんが、U-NEXTを上手く使えば、クロ現+だけでなく、NHK以外の様々な番組を動画で見ることができちゃいます。 闇バイトを巡っては、きのう(25日)もガス点検を装って川崎市の住宅に押し入ったとして、25歳の男が逮捕されるなど、若者が手を染めるケースがあとを絶ちません。 鎌倉:現場の危機感の表れということですね。 沢山の人が苦情を申し立てれば少しは改善されるかもしれませんので、即効性は薄いですが、金融庁・生保協会・消費契約センター全てに苦情を入れて下さい。 情報の提供を呼びかける動画については、10日の放送を念頭に広く意見を募るという役割を終えたと考え、8月3日に公開を終えることにしました。

>

「クローズアップ現代+」の再放送や動画の見逃し配信は?

調査の範囲を広げるのであれば、この放送以前からということになります。 こんなん全然出てこなかったんです。 吉田ディレクター:それを強く感じました。 こういった方々には非常に敬意を感じますが、ただ、郵政というのは、非常に巨大な組織です。 そして、闇バイトに引き込まれる若者が増えれば増えるほど、さらに多くの高齢者などが、詐欺や強盗などの被害に遭うことになります。 ですから2018年9月現在、 見逃した回があっても再放送で後から見ることができないんですね。 取材継続の判断について 郵政側とのやり取りと並行し、私たちは目標としていた放送を前に、それまでに寄せられた情報や資料をまとめる作業に入りました。

>

かんぽ生命の保険をめぐる番組制作について

また、同じ人からもメールが来たりしたんじゃないでしょうか。 『不適正募集(契約)とするならば目標やらないぞ』という主張をしてくる。 」 「こうした高い目標を達成できなければ、上司からの激しい叱責が待っている」。 その中には、非常に深刻、もう本当に不適切というにはあまりに深刻というケースも少なくなくて、例えば、認知症のご両親が、わずか10か月で10件の新規契約をさせられていたとか、あるいはそのお母さんが3年連続で5件の契約に入れられていたと。 どんなことが見えてきたんですか? 吉田ディレクター:全国各地の郵便局員の方のお話の中で、「2年話法」とか「相続話法」という言葉をいろんな方から聞いたんですね。

>

「かんぽ生命追加調査へ」反省見られない日本郵政、NHKクローズアップ現代の再放送求む!

本当に実績に沿うということですから、そこに目を向けてこなかったから問題が見えてこなかった。 現役郵便局員 Aさん 「営業マンのスキルなんかも、さらに巧妙に悪質になったんじゃないか。 有料なのか…と思われた方も、一応価格を確認してみて下さい。 前回の放送で私たちは問題を指摘しました。 まるで、普通のアルバイト説明のような語り口で、話し続けます。 東京に本社があり、全国に営業所がある自分のところもそうです。 更にポイントについては、NHKオンデマンド見放題パック以外(民放の見放題)にも使うことできるほか、余ったらコミックや書籍の購入にも使うことができるんです! スマホで検索とかしていると、漫画の広告もよく表示されますよね。

>

かんぽ生命の苦情を金融庁に連絡したいのですが、連絡先は「金融サービス利用者相談...

中身としても、会社にばれるかもしれないと、メールを送るのをちょっと迷ったんだけれども、やっぱり現場の実態を知ってほしいということで送ったというふうな深刻なものがたくさんありました。 それは社会に何を投げかけているのでしょうか。 1つは、元本割れのリスクのある商品がどんどん入ってきている。 友人から闇バイトの存在を聞き、SNSで探したといいます。 」 証言が事実であれば、法律に違反する疑いもあるこのケースについて、その認識を問いました。

>

クローズアップ現代+「シリーズ検証・かんぽ問題 郵政グループ 再生へ課題は?」

宮田裕章さん:日々新たな課題が浮き上がってくるため、まだ問題の底は見えないんですが、ただ現時点でも少なくとも言えるのは、これだけ規模が大きくなって、さまざまな課題が浮き上がってくると。 注意ポイントの有効期限は発行日から45日間です。 配達においても、コンビニから発送できますし、 ヤマト運輸や佐川急便もあるので、 若者や都会の方たちは郵便局=信頼、という感じではないだろう、 と思います。 こんな状況では、問題の解決にはならない。 寄せられた情報をもとに取材を進めていくと、現場に強いプレッシャーがかかっている実態が見えてきました。 すると、NHKは動画を削除し、続編の放送もいったん延期した。

>