特定 サービス 産業 実態 調査。 経済構造実態調査とは|経済構造実態調査実施事務局

統計局ホームページ/平成16年サービス業基本調査

甲調査 個人経営の企業及び農林水産業、建設業等、一部の産業に属する企業を除く全ての産業分野の企業 日本標準産業分類における大分類、中分類又は小分類のいずれの分類においても売上高を上位から累積し、当該の産業分類の売上高総額8割を達成する範囲に含まれる企業 乙調査 以下の日本標準産業分類の小分類に属する事業所(一部業種は企業)を無作為抽出により選定• デザイン業• 産業用機械器具賃貸業• これに伴い、公表数値が変更となっている場合がありますので、ご注意ください。 特定サービス産業実態調査 平成29年特定サービス産業実態調査(確報) 平成29年7月1日現在で実施した「平成29年特定サービス産業実態調査」の調査結果(確報) 平成30年9月12日掲載 令和2年6月23日訂正 利用上の注意 のみ PDF形式 全体の概況 のみ PDF形式 業種 全28業種 報告書 冊子 PDF 形式 調査対象 及び 調査事項 PDF 形式 統計表データ Excel 2003 形式 調査票 PDF 形式 記入注意 PDF 形式 01 ソフトウェア業 02 情報処理・提供サービス業 03 インターネット附随サービス業 04 映像情報制作・配給業 05 音声情報制作業 06 映像・音声・文字情報制作に附帯するサービス業 07 新聞業 08 出版業 09 クレジットカード業,割賦金融業 10 各種物品賃貸業 11 産業用機械器具賃貸業 12 事務用機械器具賃貸業 (調査は通常票のみで実施) 13 自動車賃貸業 14 スポーツ・娯楽用品賃貸業 (調査は通常票のみで実施) 15 その他の物品賃貸業 16 デザイン業 17 機械設計業 18 広告業 19 計量証明業 20 機械修理業 21 電気機械器具修理業 22 冠婚葬祭業 23 映画館 24 興行場,興行団 25 スポーツ施設提供業 26 公園,遊園地・テーマパーク 27 学習塾 28 教養・技能教授業. 同調査では調査対象の28業種を、21業種の対事業所サービス業と、7業種の対個人サービス業に分けている。 スポーツ施設提供業• スポーツ・娯楽用品賃貸業• 詳しくはをご覧ください。 その他の物品賃貸業• さらに長期のデータを御覧になる場合は、から御利用下さい。 クレジットカード業,割賦金融業• 映像情報制作・配給業(*)• 50音から探す• 映画館• 学習塾• また、単位当たり換算の値は、各数値に単位以下の数値を有しているため、公表値から求められても一致しない場合がある。 自動車賃貸業• 音声情報制作業(*)• 統計データを探す• 公園,遊園地• 情報処理・提供サービス業• 〇非回答誤差について 調査では、集計対象となる調査項目については全て回答してもらうことが原則であるものの、回答ミスや回答拒否などにより、調査項目全てが回答されるとは限らない。 冠婚葬祭業• 機械設計業• 映画館• 事務用機械器具賃貸業• 広告業• クレジットカード業(*),割賦金金融業(*)• 関連記事• 機械設計業• インターネット附随サービス業• 製造業及びサービス産業に属する一定規模以上の全ての法人企業(甲調査)、特定のサービス産業に属する企業及び事業所(乙調査)が対象です。

>

特定サービス産業動態統計調査|経済産業省

経済産業省は「攻めのIT経営銘柄2019」と「IT経営注目企業2019」を発表した。 対事業所サービス業にはソフトウェア業やクレジットカード業、スポーツ・娯楽用品賃貸業などが、対個人サービス業には冠婚葬祭業やテーマパーク、学習塾などが含まれる。 統計表のダウンロード( 2020年9月分確報 ) 【統計表】 対 事 業 所 サ | ビ ス 業 1-1. 映像・音声・文字情報制作に附帯するサービス業• 音声情報制作業• そのため、総計と内訳の合計とは一致しない場合がある。 このような非回答誤差については、事前の調査票の設計、記入要領による丁寧な説明、また提出後には非回答部分の電話による照会等を行うことで低減を図っている。 サービス業基本調査は、我が国においてサービス業の事業・活動を行っている事業所・店舗・施設の経理事項や業務の実態に関する事柄などを把握することにより、産業別事業所数、従業者数、収入額など、各種行政施策等のための基礎資料となる結果を全国及び地域別に提供する調査です。 リンク集• 新型コロナウイルス感染症の影響による休業等の対応について(2020年6月8日) 調査票が未提出の事業所については、個別に得られた情報を基に推計し、集計を行っております。

>

調査の結果|特定サービス産業動態統計調査|経済産業省

また、3以上の事業所(企業)に関する数値であっても、1又は2の事業所(企業)の数値が合計との差引きで判明する箇所は、「x」で表した。 次の業種を主業として営む事業所(又は企業)が対象となります。 。 統計表一覧• 公園,遊園地・テーマパーク• 興行場,興行団• 出版業• インターネット付随サービス業• 【代替・補完行政記録】 代替・補完するために行政記録は使っていない。 推計方法 【標本調査業種】 標本調査業種の母集団推計は、調査結果を基に業種別・事業従事者規模別・都道府県別の層ごとに以下により行った。

>

特定サービス産業動態統計調査|経済産業省

特定サービス産業実態調査では、各種誤差を低減する措置を講じている。 情報処理・提供サービス業• デザイン業• 経済産業省は2019年6月19日、「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報結果を発表した。 50音から探す• 電気機械器具修理業. 計量証明業• 本調査の統計データを引用・転載する場合には、必ず、出典(総務省「サービス業基本調査」)の記載をお願いします。 スポーツ施設提供業(ゴルフ場、ゴルフ練習場、ボウリング場、フィットネスクラブ、その他のスポーツ施設提供業)• 上場企業の中から、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化に向けて積極的なITの利活用に取り組んでいる企業を選定した。 2019年1月から2019年12月の集計結果について年間補正を行いました。 【一部非回答、外れ値の処理】 疑義照会等により、報告者に確認を行い、確認されたデータは審査・集計の対象としている。

>

経済産業省が「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報発表 従業者数と年間売上高、正社員比率ともにソフトウェア業がトップ:28業種を対象に調査

産業用機械器具賃貸業• 統計関連情報• 学習塾• スポーツ・娯楽用品賃貸業• 機械修理業,電気機械器具修理業• 統計データの活用• ソフトウェア業• 著作権については、をご覧ください。 なお、年間補正に伴い、リンク係数の一部に変更が生じましたので、利用の際はご注意下さい。 (2019年12月10日) (2020年2月25日) 2020年1月分より、エンジニアリング業、インターネット附随サービス業、環境計量証明業において、一部企業の報告数値に変更等がありました。 しかし、調査を実施する上で重要な作業であることから、委託事業者とも連携を図り、調査対象に偏りなどがないよう対象の選定を行っている。 計量証明業• これに対して対個人サービス業では、学習塾が最も多く32万7547人。

>

統計局ホームページ/平成16年サービス業基本調査

実名制Q&Aサイト「Quora」で、「Windows 10の開発にどのようなプログラミング言語が使われたのか」という質問に対し、Microsoftのカーネルエンジニアが2019年3月、最新の回答を投稿した。 冠婚葬祭業• その他の物品賃貸業• 新聞業• 今回は特に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業を高く評価した。 統計データの高度利用• まず、これらの業種の従業者数を見ると、対事業所サービス業ではソフトウェア業が70万7649人で最も多く、次いで情報処理・提供サービス業の31万744人、広告業の11万7395人が続いた。 以下の表のデータ掲載期間は、直近の3年、3年度、5四半期、15カ月分です。 同調査は、ソフトウェア業など28業種のサービス産業に属する企業の、2017年の年間売上高などを調べたもので、サービス産業の実態を明らかにし、サービス産業に関連する施策の基礎資料を得ることが目的。 その他 【非標本誤差について】 非標本誤差には、非回答誤差、カバレッジ誤差、データ処理誤差、測定誤差などが存在しており、標本誤差と異なり定量的に評価することが困難。 各種物品賃貸業• 映像情報制作・配給業• 広告業• 〇測定誤差について 調査票のデザインや言葉遣いによって調査対象が質問を誤解するなど、事実と異なる回答をしてしまう場合がある。

>

特定サービス産業実態調査

外れ値の集計対象外といった措置はとっていない。 関連リンク• 自動車賃貸業• ソフトウエア業• 新聞業(*)• このため、2019年12月以前のデータとの伸び率計算に使用するが発生しています。 機械修理業(電気機械器具修理業除く)• 外国語会話教授業• 映像・音声・文字情報制作に附帯するサービス業(*). 次いで、スポーツ施設提供業の26万5951人、教養、技能教授業の23万347人の順だった。 50音から探す• 「経済産業省特定サービス産業動態統計調査事務局」に関するお知らせ (調査対象企業・事業所の皆様へ) 「特定サービス産業動態統計調査の東日本大震災に関わる対応」は(2012年5月15日更新) 2020年調査の主な変更点(調査事項・オンライン調査)についてはをご覧ください。 このような測定誤差については、調査票作成段階における記載内容を平易とするなど細心の注意を払うとともに、調査実施関係者に対する研修・指導を徹底することで低減を図っている。 興行場,興行団• 教養・技能教授業• 調査は、平成元年から平成16年まで、5年ごとに実施しました。

>