塩尻 市 図書館。 塩尻市立図書館

受入雑誌一覧

座標は「」にて「塩尻市市民交流センター」をキーワードに検索して得た(2016年6月2日閲覧)。 その趣旨は、図書館での諸々の事業(講座や講演会)によって、図書館と密接な「本」という媒体のことを深く考える機会を創造しようとするものであり、塩尻市立図書館中心に展開されている。 1981年(昭和56年)12月、複合施設のが開館し、図書館は、その3階に入る(蔵書数:合計33,000冊、1人3冊を3週間の貸出)。 。 下の表の「所蔵館」が空白のものは、本館で所蔵しています。 顧問(肩書きは当時): (作家)、(代表取締役社長)、(理事)、(グループ会長、「本の学校」理事• 丸文塩尻書店(大門一番町)• 年間をとおして多彩な活動が実施されている。 施設構造 [ ] 「えんぱーく」内の1階から2階が図書館である。

>

令和3年度に採用する塩尻市職員を募集します【経験者特別枠】/塩尻市公式ホームページ

塩尻市立図書館には本館のほか8か所の分館がある(2018年度現在、以下同。 児童サービス• 2012年の開校第1回目の講演会は、7月29日、 「本が変える風景」であった。 102-103 参考文献 [ ]• 内野, 安彦 2014. 正式名称は「 信州しおじり 本の寺子屋」。 1日のみの参加もできますので、気軽にお問合せください。 1966年(昭和41年)8月に、旧図書館を、塩尻市が長野県から買い受ける形で、塩尻市教育委員会附属図書室として開設した(蔵書数:1,000冊)。

>

受入雑誌一覧

「こどもしおじり」は、仕事をして給料をもらい、税金を納めたり買い物をしたりして、お金の流れや社会の仕組みを学ぶ催しです。 桔梗ヶ原高等学校図書館を1966年(昭和41年)に移管改称した塩尻市教育委員会附属図書室が前身である。 藤原印刷(松本市)の協力によって、1作品につき20枚から40枚を印刷し、塩尻市内など組合加盟の書店に並ぶ市販本に巻かれて店頭に並べられた。 後援: 塩尻書店組合、長野県出版協会、、、、ほか。 塩尻総合文化センター 1959年(昭和34年)4月1日の塩尻市制の発足時に、各地区の公民館が図書室を運営していた。 興文堂書店 アイシティ店(山形村)• 子育て支援サービス• 102• 140-147より。 また、感知センサーによる盗難防止対策もとられている。

>

えんぱーく

本の寺子屋 [ ] 2012年(平成24年)から始まった、著名な作家や文化人を招いて講演会などを開く事業である。 広丘分館については移転に伴い情報が古くなっています。 受入雑誌一覧 塩尻市立図書館で所蔵している雑誌の一覧です(平成28年10月現在)。 図書館利用に障害のある方へのサービス• 2005年(平成17年)、と合併し、旧村立図書館を分館としたことで、1本館8分館の体制となる。 多文化サービス• ほおずき書籍• 『塩尻市立図書館基本計画』 塩尻市教育委員会、2006年。 昭和55年4月2日以降に生まれた、大学卒業程度の学力を有し、次の条件を全て満たす人 (1)情報処理に関する業務の実務経験が直近5年中(平成27年12月2日から令和2年12月1日まで)3年以上ある人 (2)独立行政法人情報処理推進機構が実施する(平成16年1月以前に財団法人日本情報処理開発協会が実施したものを含む)試験のうち、次のいずれかの試験に合格している人 (ア)基本情報技術者試験 (イ)応用情報技術者試験 (ウ)ITストラテジスト試験 (エ)システムアーキテクト試験 (オ)プロジェクトマネージャ試験 (カ)ネットワークスペシャリスト試験 (キ)データベーススペシャリスト試験 (ク)情報セキュリティスペシャリスト試験 (ケ)ITサービスマネージャ試験 (コ)システム監査技術者試験 (サ)システムアナリスト試験 (シ)情報セキュリティアドミニストレータ試験 (ス)エンベデッドシステムスペシャリスト試験 (セ)情報処理安全確保支援士試験 (ソ)情報セキュリティマネジメント試験. 「信州しおじり 本の寺子屋」研究会 2016. 高齢者サービス• 図書館条例の施行により塩尻市立図書館として開館した。

>

受入雑誌一覧

1981年(昭和56年)に総合文化センターの3階に移転。 その際の活動分野として、以下の諸点に特に留意しながら、これらのサービスと並行して、図書館サポーターや、読書活動ボランティアとの連携、あるいは支援も進めていく。 書店一覧• また、地域に拠点を置く書店や出版社等との連携を図ることで、地域の読書に対する環境整備を推進し、地域の出版文化にも貢献できるような活動にも取り組む。 「思い詰まる『帯』本をPR 市立図書館コンテスト 最優秀賞作品 店頭に」 深沢摩乙 『市民タイムス』 2016年12月29日付、1面。 また、地域ブランド資料としては、ワイン、短歌、漆器、重伝建などの資料を所蔵公開している。 興文堂書店 松本平田店• 東洋出版 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

>

令和3年度に採用する塩尻市職員を募集します【経験者特別枠】/塩尻市公式ホームページ

青少年サービス• 武田, 文秀 2016-1 , , 信州大学附属図書館研究 5: 101-108 , 2016年6月3日閲覧。 1971年(昭和46年)4月、塩尻市立図書館条例が施行され、それと同時に塩尻市立図書館として開館する(蔵書数:4,600冊、1人2冊を10日間の貸出)。 蔵書収容能力の46万冊に対して、平成26年度の蔵書数は、352,897冊である。 同年12月には、この最優秀賞作品が、実際の本に巻かれた状態で市内の書店で並べられた。 運営 [ ] 塩尻市立図書館サービス計画 [ ] 役立つ情報を提供する図書館 資料収集、組織化の方針や方法を定めたうえで、図書館資料の有効活用を可能とする資料の配置や館内での業務についての共通認識を、分館も含めて全市的なサービスとして定める。

>

えんぱーく

1983年(昭和58年)の広丘分館に始まり、1988年(昭和63年)の吉田分館まで、市内の各地区に分館が設置され、1本館7分館体制となる。 内野安彦『塩尻の新図書館を創った人たち』 、2014年。 塩尻市立図書館ホームページ• 年6回 ユービーエム 短歌 雑誌名 発刊 出版 所蔵館 NHK短歌 月刊 日本放送出版協会 歌壇 月刊 本阿弥書店 短歌 月刊 角川学芸出版、角川グループパブリッシング 短歌研究 月刊 短歌研究社 潮音 月刊 潮音社• また地下1階には書庫がある。 2003年(平成15年)、「市立図書館の在り方ワーキンググループ」が発足し、翌年に新図書館建設のための提言書が提出された。 今年は新型コロナウイルス感染症の対策として、規模を縮小して開催します。 年4回 まつもと市民芸術館 月刊ぷらざ 月刊 月刊ぷらざ事業部 FAMiDY 年4回 FAMiDY編集部 Rural 年4回 まちなみカントリープレス その他 雑誌名 発刊 出版 所蔵館 時評 月刊 時評社 蛍雪時代 月刊 旺文社 総務省 月刊 総務省 DBJ 月刊 日本政策投資銀行 とーりまかし 年4回 じゃらんリサーチセンター ひと・健康・未来 年4回 ひと・健康・未来研究財団 防炎ニュース 年4回 日本防炎協会 毎日夫人 月刊 毎日新聞社• 最新情報は公式サイトをご確認ください。 4月、「塩尻市立図書館基本計画」が策定された。

>