ミラン 対 ボデ グリムト。 ミランに現れた謎の逸材とは!? 難敵セルティックを撃破、近年にはなかった勝負強さと総合力の高さ【EL】

ウーデゴー、ハーランドに続け ミランにも“ノルウェー人FW”がやってきた|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

俺は多くの人々が崇める彼と知り合い、話ができて幸運だった」 「彼はピッチ上の象徴だ。 そして最後は、シュートまで持っていかれた。 試合後のピオリ監督の言葉通り、後半は一方的な展開となった。 ノルウェーのFKボデ・グリムトよりセリエAのミランへ移籍した21歳FWイェンス・ペッター・ハウゲである。 それと、この若いチームにシモン・ケアーのような経験豊富な選手がいてくれるのも大きいよ。 ステファノ・ピオーリ監督はこれまで通り4-5-1のシステムを採用してきたが、先発メンバーはインテル戦から5人変更。 開幕したばかりのイタリアと中盤戦を戦っているノルウェーではコンディションの差もあるでしょう。

>

ミラン、U

これからもこれからもNo. 事実、ミランは後半開始からアディショナルタイムまで、1本もシュートを放つことができなかったのである。 ミランは終盤、かなり守備の時間を作られたが、チーム一丸となってリードを守り、4年ぶりの勝利を手にしている。 こうしてペースを渡さなかったミランは、前半終了間際の42分に追加点。 ピオリは『DAZN(ダゾーン)』のインタビューで次戦を見据えた。 外部リンク [ ]• 開始わずか5分のことである。

>

ミラン、U

ボローニャ側は「我々にとって重要な存在であり、ミランが提案してきたよりも高い評価が得られると信じている。 カラブリアのパスを受けたサレマーカーズがボックス内に侵入してペッゼッラに後方から倒された。 イブラヒモビッチのスルーパスに抜け出したテオ・エルナンデスがブラヒム・ディアスへパスを送ると、ボールを受けた同選手はDF二人を振り切り、最後は右足でゴールネットを揺らしている。 おおむねポジティブな内容で前半を終えていたミランだが、不安がなかったわけではない。 チーム内での競争は成長と向上のための大きなモチベーションになる」とも話す。

>

FKボデ/グリムト

とくに後半の内容は厳しかったが、こうしたゲームを乗り切る強さ、そして総合力の高さが今のミランには備わっている。 後半AT、アレクシス・サレマーカーズのパスを見事にコントロールすると、最後はGKとの1対1を冷静に制している。 しかし加入半年での出場時間は僅かに64分と非常に厳しいものであった。 ミランは、リュディガーをレンタル移籍で獲得しようとしており、チェルシー側とコンタクトを取っているとのことだ。 ノルウェー代表が本格的にダークホースとなるのも時間の問題だろう。

>

「イブラヒモヴィッチは付加価値だが依存はない」コロナ離脱後の勝利にACミラン指揮官

イブラ以外にも不在の選手が多かったが、チームとしてまとまっていた」 10月1日に行われるEL予選プレーオフへと駒を進めたACミラン。 優先順位は補えたが、ケガのためにセンターバックに問題がある」とし、ポジションとして補強が必要であることは明言していた。 伊『Milannews』にれば、ハウゲもノルウェーの若手に実力者が揃っていると自信を覗かせる。 ハカン・チャルハノール不在のセルティック戦はこの形だった。 こうしてペースを渡さなかったミランは、前半終了間際の42分に追加点。

>

ACミラン vs ボデ・グリムト

新型コロナウイルス感染で静養中のステファノ・ピオリ監督に代わって指揮を執るボネーラ監督代行は試合後、「我々は非常に良いパフォーマンスを見せられた」と話しており、チームを称えている。 事実、今季はノルウェーリーグ2位となるドリブル成功数を記録していた。 競争にも恐怖はない。 半年契約に双方が合意した場合の1年間契約延長オプションが付帯しているとされている。 ドルトムントのアーリング・ハーランド、レアル・マドリードのマルティン・ウーデゴーを筆頭に、ここ最近はノルウェー出身プレイヤーがサッカー界を騒がせている。

>

「イãƒ

リール 1-1 ミラン 【リール】 バンバ 後20 【ミラン】 カスティジェホ 後1 スパルタ・プラハ 4-1 セルティック 【スパルタ・プラハ】 ハンコ 前27 ユリシュ 前38 ユリシュ 後35 プラブシッチ 後49 【セルティック】 エドゥアール 前15 2020. 前節からプランデッリ監督が指揮を執る15位フィオレンティーナ 勝ち点8 に対し、[4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にレビッチ、2列目に右からサレマーカーズ、ディアス、チャルハノールと並べた。 後半に入っても、トナーリのパフォーマンスレベルが上がったとは言い難かった。 ミランは今冬の移籍市場で、米MLSロサンゼルス・ギャラクシーと昨年12月で契約が満了したイブラヒモビッチを獲得した。 私見だが、彼は永遠の存在だ。 リードを奪われたセルティックはその後、この日が古巣対戦となったディエゴ・ラクサールを中心にサイド攻撃を仕掛ける。 今夏獲得を狙っていたクリストフェル・アイェルにドリブルで運ばれカスティジェホが剥がされると、ペナルティーエリア内への侵入を許す。

>