ワゴン r ソリオ。 ワゴンRソリオ(スズキ)の燃費

スズキ株式会社-広報

成功までの長く曲がりくねった道のり しかし、その作戦は功を奏さずワゴンRワイドの販売はきびしいものでした。 ルーミー/タンクの合計販売台数、2017年は14万9529台、2018年は16万64台、2019年は16万6168台と、毎年台数を伸ばしており、2020年には「ルーミー」へと一本化。 小型トールワゴン市場のなかで、どれほどの存在感を見せることができるのか注目されます。 ボディカラーは3色の新色(グレースブルーパールメタリック、メロウブロンズパールメタリック、アーバンブラウンパールメタリック)を含む全6色を設定した。 また、「E」と「WELL」は新デザインのフロントグリルを採用。

>

ソリオ|スズキ

グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 LA-MA64S 996cc 5 4AT FF 5名 19. 燃費が悪いのが欠点ですが牽引力に関しては右に出る車はありません。 6ps、最大トルク30Nmを発生するモーター機能付発電機を組み合わせたパラレル方式ハイブリッドシステム搭載車を設定。 15インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)のデザインを変更し、ドアミラーのサイドターンランプにLEDを採用。 のっけから「ワゴンRソリオ」のカタログにそう記載される。 2015年に登場した先代のソリオはモデル末期の直近でも月販3500台をキープするなど根強い人気を誇っていた。 0 E」と装備を充実させた「S」となり、「X」・「X-II」・「21世紀記念スペシャル」・「1. 継続販売された「SリミテッドII」とともに、現在の「Sマーク」をエンブレムに採用する• 「G」を除く全グレードに装備されている15インチアルミホイールを切削加工を施した新デザインに変更した。

>

ソリオ|スズキ

エンジンは2代目・後期型に採用したデュアルジェットエンジンを改良し、燃費改善技術によってを12. また、ベースグレードを「S」から「X」に変更したことで価格を108,150円値下げした。 併せてシステムを搭載した「G アイドリングストップ」・「X アイドリングストップ」・「S アイドリングストップ」を追加。 リヤシートには背もたれと座面が連動してフラットな荷室となるダブルフォールディング機構を備え、105mmのシートスライドとリクライニング機構付き5対5の分割可倒式シートが採用される。 マイルドハイブリッド車同様に左右フェンダーとバックドアに「HYBRID」エンブレムが装着されるが、中央部を黒・文字色を銀に変更した専用デザインとなる。 2000年12月の一部改良時にワゴンRソリオと車名を変更。

>

スズキ ワゴンRソリオ 価格・車種カタログ情報

車内にはUSBソケットが2個、アクセサリーソケットが2個備わる。 。 - 一部改良(2型)。 0m 996cc 996cc 996cc 996cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 1328cc 70ps 70ps 70ps 70ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 88ps 95(9. |スズキ株式会社• バンディットはマイルドハイブリッド車の「HYBRID MV」のみのモノグレードの設定となる。 ソリオは2000年12月に『ワゴンRソリオ』として初代が誕生し、その11年後に投入された2代目からは両側スライドドアを採用、コンパクトハイトワゴンの先駆者としての地位を固めていった。 国土交通省の「優-低排出ガス」の認定を全車で取得。

>

型式:LA

マイルドハイブリッド車の場合、中央部が銀・文字色が青となる。 正式発表1週間前となる同月18日からはカウントダウンも開始された。 全方位モニターはカメラ映像をデジタル伝送化することにより、より精細に周囲の状況を把握できるようになった(スズキの小型車初)。 また、本来は「デュアルカメラブレーキサポート」装着車に装備されているクルーズコントロールも標準装備した。 見かけのわりに、トロい。 「」として販売が行われた。 安全面では、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が強化され、ステレオカメラで・はみ出し通行禁止・一時停止・車両通行禁止を認識する認識機能が新たに搭載され、一部グレードにはACCに全車速追従機能を追加し、運転席のダッシュボード前方にスズキの小型車では初採用となるカラーヘッドアップディスプレイを搭載。

>

スズキ ワゴンRソリオ 価格・車種カタログ情報

ベースは初代ワゴンR。 - ティザーサイト公開。 前席はベンチシートを模したものだが、もちろん、助手席は個別でスライドする。 2Lハイブリッド] 185万0200円(2WD)/197万5600円(4WD) ・HYBRID MZ[1. オプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」はカメラに3Dビューと左右確認サポート機能が追加され、新たにステアリングハンズフリースイッチ、TVアンテナ用、GPSアンテナ、USBソケットが追加された。 そして、スズキの小型車では初となる、大画面の9インチディスプレイの採用(メーカーオプションも新型のトピックだ。 - スポーティな外装と上質感のある内装に仕上げた「1. 新型ソリオはフード先端を上げ、厚みを増したフロントフェイスが特徴。 3の四角くいかつい顔が現われると、「ギョッ」とするもんなぁ。

>