ヒヤリハット 報告 書。 ヒヤリハットとは?介護現場の事故を防ぐヒヤリハット事例 21選

ヒヤリハット報告の重要性とは?職場に定着させるための工夫をご紹介

例えば、12月の午後4時頃でしたら、冬場で日が落ちるのも早く足元が見えづらかったのでは?などの検証や分析に役立ちます。 関連するテンプレートに「」があります。 現場や元請企業、所属企業によって書式は異なりますが、「ヒヤリハット事例」とその対応策を記入することが目的なので、下記の項目を抑えておくとよいでしょう。 そのため、書式が現場の状況を正確に伝えられないものであるなら改善が必要になります。 2.ヒヤリハット報告書を作る(対策作り) ヒヤリハット報告書の意義は、 「事故を防ぐための対策作り」です。 災害は複数の要因が絡む事がありますから、唯一の原因を特定する必要はありません。

>

ヒヤリハット報告書(様式・書式・テンプレート)の無料ダウンロード

失敗を過度に責めず、「共有し皆で気を付けよう」という意識を広める事が大切ですね。 対策として、今後離床の際には体調確認とともに離床時は必ず、車椅子をテーブルへつける対応を徹底する。 5W1Hを基本に短い文で書く ひとつ目のポイントは、5W1Hの6つの事項を基本にすること。 対策:体位交換の際は周りの安全を確かめてから行う ヒヤリハットその8:ひげ剃り介助中にカミソリで切り傷を負ってしまった• 「ヒヤリハット」を多く出すことができる施設は「事故報告書」の件数が現象します。 例えば、右図は事故の種類としては「忘れる・間違える」の「その他」にチェックされた報告の概要となります。 ヒヤリハット報告に必ず含めるべき要素は「When いつ 」「Who 誰が 」「Where どこで 」「What 何を 」「Why なぜ 」「How どのように 」のそれぞれの頭文字をとって「5W1H」といわれるものです。 Where:どこで?(場所)• その理由として事故報告は少ないといっただけのことではありません。

>

ヒヤリハット報告書用紙 様式1

また、危険予知トレーニング(KYT)など、危険要因への感受性を高める活動も進めていく必要があります。 Contents• 既に起きてしまっているのに 「危ない!!!」 とは思いませんよね? 既に起きてしまった事に対しては 「大丈夫ですか?」 ですよね。 ヒヤリハット事例の報告が現場から出てこない場合 (1)作業者が、何が「ヒヤリハット」なのかわかっていない。 対策:適切なゼリーの大きさで提供する。 対策:食事介助の際は必ず温度を適温に冷ましてから行う (6)食前・食後のヒヤリハット ヒヤリハットその15:食事後、口腔ケアをしていると血が出てきた• 危険なものやことを「危険」と認識する感覚を養い高めることがヒヤリハット報告の目的でもあります。

>

ヒヤリハットと事故報告書の違いと線引きを分かりやすく説明します。

原因:一回に飲み込めるゼリーの量ではなかったため。 是非 「危ない!」 「大丈夫ですか?」 覚えておいて下さい。 重大な労働災害の未然防止が目的となりますので、些細な「ヒヤリハット」でもしっかりと記録しておくことが重要です。 報告しやすい雰囲気・意識作りも大切 ヒヤリハットを報告しやすい環境、 職員を過度に責めない雰囲気作りも重要です。 その際に、社外で事故を起こした時の事故報告書の例文も活用していきましょう。

>

ヒヤリハット報告書(様式・書式・テンプレート)の無料ダウンロード

例えば「慎重に注意していたが気付きにくかった」などは、詳細の項などに記しておけば、作業環境改善のための有用な情報となります。 この記事に辿りついた貴方もきっとそんな一人ですよね。 誰もがヒヤリハット報告をしやすい職場にするためには 未来の事故予防につながるヒヤリハット報告。 そのため報告書を書く際には、 「どうするべき」ところを「どう誤った」のかという内容を記載すると明確になってきます。 報告書を書く場合には、当該ヒヤリハットが発生した業務が、 そもそも可能なものであったかも考慮することも必要です。 私たちが報告書を最初に作成したのは平成22年でしたが、その間に法制度も変わり、保育所保育指針も変わり、更には内閣府が「」を定めたりするなど、私たちを取り巻く環境は目まぐるしく変わります。 しかし、ヒヤリハットはそもそも報告が提出されないケースがあります。

>

事故報告書の書き方の例文|様式・テンプレート/社外/社内

。 【医療現場】 東京都病院経営本部 インシデント・アクシデント・レポートの様式の統一 全都立病院の統一した報告書の様式です。 ケアの質を高め、介護職員と事業所を守り、利用者のご家族とのトラブルを避けるためでもあります。 もちろん、部屋だけではなく園庭などの見取り図を記すこともあります。 まずは事例集です。 ミスを探すような行為になってはいけませんので注意してください。 2枚目はそれに、どのような時・その時の対応と職場長の記入欄を追加しています。

>

【解説】ヒヤリハットを活かし事故を防ぐ【3段階】

ただ介護での危険予知本は少ないようで、中古でも価格がかなり高騰してます。 「今回の事例はたまたま起こった」「注意していれば大丈夫」といった意識もあるので、報告するまでもないと考えてしまうことも多くあります。 つまりヒヤリハットを報告することから始まる安全対策によって、その先にある事故の防止に役立てることが大切なのです。 危険回避のためのツールです。 発生時の状況(発生日時・場所・事故の種別・受傷程度)• 処分や査定上不利に取り扱われることをおそれるあまり、作業者が報告を避ける場合があります。 これをハインリッヒの法則と言い、「ヒヤリハット事例」を収集・共有・対策を練ることで、不安全行動や不安全状態をなくなり、災害・事故を減らすことができます。

>