竹芝 再 開発。 浜松町・竹芝/水辺を生かしたウォーターフロント開発

寂しかったベイエリア「竹芝」が最先端の街に 船とテクノロジーでにぎわいは生まれるか (1/2)

豪華客船で東京湾をクルージングする 「東京ヴァンテアンクルーズ」や、毎年夏には浴衣で夕涼みを楽しむ 「東京湾納涼船」が運行しています。 低層部の様子。 施設は、商業施設アトレ竹芝やオフィスフロアが入るタワー棟、劇団四季が入居するシアター棟、既存の自由劇場と施設の間の広場、パーキング、ラグジュアリーホテル「メズム東京、オートグラフコレクション」で構成される。 一方でB街区には、地上18階建て・高さ約70mの住宅棟である 「東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー」が建設中です。 ・ コンテンツ産業における研究開発・人材育成・ビジネス交流機能の整備• アルミ製浮桟橋の船着場は幅約7m、奥行約26m。 オフィスタワー(左)とレジデンスタワー(右)や竹芝駅を結ぶ歩行者デッキです。 加えて、 東京モノレールを使えば、羽田空港に直接アクセスできます。

>

ソフトバンクが国家戦略特区の竹芝に本社を移転する理由 最先端テクノロジーで共創するスマートシティ構想

ご説明は以上でございます。 世界の中でリアルタイムに情報をやりとりする、そんなしかけができる唯一の会社であります。 参照: 3. 高層棟と駐車場棟は2020年4月に開業を予定しておりましたが新型コロナウイルスの影響のため当面延期 されており、劇場棟は2020年内の開業を目指して建設が進められています。 今後はさらなる国際競争力強化を目指し、再開発プロジェクトがいくつも進められていく予定です。 その他、JR浜松町駅から首都高速道路を跨ぎ、東京ポートシティ竹芝を経て、ゆりかもめの竹芝駅、竹芝ふ頭までをつなぐ、全長約500メートルの歩行者用デッキを整備。 ・ バリアフリーの歩行者デッキとにぎわいを創出する多様なオープンスペース等の整備• 2016年2月には、このCiP協議会で、具体的な構想をまとめた「CiPビジョン10か条」を発表しました。 高さが15mあるので階段はきついですね。

>

(1)都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)

舟運事業者と連携してアクセス性、回遊性を向上させ、竹芝地区の利便性・魅力向上に取り組む。 一方、それを上回る390メートルのビルの建設計画もあり、超高層ビルの様相が変わっていきそうだ。 ここをお借りして、我々はいろんな企業様とコラボレーションができる環境づくりをするというところであります。 また、当社は緑が働く人に与える力を学術的に解析し、緑を効果的にオフィスに取り入れることで働き方を変えていこうという「Green Work Style」というプロジェクトに3年前から取り組んでございます。 みなさまとご一緒にそれを作り上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

>

浜松町・竹芝の「東京ポートシティ竹芝」飲食店を集めた商業ゾーンや緑豊かなテラスなど

竹芝の生活・ビジネス・観光の場としての可能性を高め、災害に強いまちづくりを目指すという目的のもと、地区の関係者によるまちづくり活動が行われています。 具体的な再開発の中身としては、現存する世界貿易センタービルの解体が大きな位置を占めています。 今後、当エリアの活性化、知名度向上を目的に、関係企業・団体等と連携してMICE誘致活動を推進していきます。 レジデンスタワー の2棟に分かれています。 東京都は2020年9月2日、「東京ポートシティ竹芝」を含む「浜松町・竹芝・芝浦エリア」を「東京ビジネスイベンツ先進エリア」に指定したことを発表しました。 そんなようなことを、最適なエレベーターとの連動の仕組みを作っています。

>

都市再生ステップアップ・プロジェクト|プロジェクト・ノート|東急不動産

2019年1月にはテナント部分が開業し、オフィスや商業施設を往来する数多くの人で賑わっています。 このテラスで「雨・水・島・水田・香・菜園・蜂・空」の8つの景から成る「竹芝新八景」を展開しているそうです。 位置図 東京ポートシティ竹芝は業務棟「オフィスタワー」と住宅棟「レジデンスタワー」で構成。 基盤整備による周辺地区との回遊性強化• 加えて、日の出桟橋からは、東京湾や隅田川を経由してお台場方面、浅草方面への 水上バスルートが運行しているなど、国際的な観光拠点としての色合いが強いのも竹芝エリアの特徴です。 3ha(ヘクタール)の土地を使い、新たな大規模施設を建設するなど、市街地再開発事業に着手する。 東京国際クルーズターミナルまでの延長も検討される。 9月9日撮影に戻ります。

>

都市再生ステップアップ・プロジェクト|プロジェクト・ノート|東急不動産

2017年9月では、「国内における過去、最も高い超高層ビルの解体を含む建て替え事業」とされています。 設計は鹿島建設・久米設計JV、施工は鹿島建設。 ( 49KB) 平成25年5月29日 平成25年9月17日 基本協定締結 平成26年2月5日 平成26年9月25日 平成27年3月19日 国家戦略特別区域に係る区域計画の変更認定 平成27年3月27日 東京都市計画都市再生特別地区の変更告示 平成27年4月3日 国家戦略特別区域に係る区域計画の変更認定告示 平成27年7月31日 定期借地権設定契約締結(公文書館跡地、計量検定所跡地) 平成28年5月16日 A 街区(業務棟)工事着工 平成29年2月13日 定期借地権設定契約締結(産業貿易センター浜松町会館跡地) 平成29年3月 一般財団法人竹芝エリアマネジメント設立 平成30年4月27日 B 街区(住宅棟)工事着工 令和2年5月29日 A 街区(業務棟)工事竣工 令和2年6月30日 B 街区(住宅棟)工事竣工 全施設整備完了(・) 2.竹芝地区まちづくりガイドライン• 建替え後の建物は 「東京都総合設計制度(共同住宅建替誘導型)」によって約300%の容積率緩和を受けたことから、容積率約700%を前提に地上32階建て・地下1階、高さ約118m、延床面積約3万平米のタワーマンションとなる計画です。 住居の他、保育所や店舗も整備し、オフィスワーカーが暮らしやすい環境を充実させる。 (理事長:中村伊知哉:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)• 住居は一般賃貸住宅の他、サービス アパートメント、シェアハウスなども提供予定だ。 でも、それが早めにわかっていればそれも回避できます。

>

竹芝エリア 浜松町駅東側に広がる再開発群、国際競争性の高い観光・産業拠点へ

南側から。 豊かな緑と海に囲まれた計画地 都有地を活用した大規模な複合再開発 都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)は、東京都が推進する「都有地を活用したまちづくりプロジェクト」の一環です。 浜松町一丁目地区、竹芝エリアでも再開発が相次ぐ 最後に、浜松町一丁目地区および竹芝エリアの再開発にもふれておきましょう。 でも、これはなんでか? このサービスを提供する意義はなにか? 岡田副社長がおっしゃってました。 ソフトバンクはこの装置を全国各地のソフトバンク基地局に配置することで携帯電話と同じ高範囲エリアで提供を行います。

>