オブ ラディン 号 の 帰還 考察。 【解説】Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還) 人物考察ガイド|ゲームの小部屋

【オブラ・ディン号の帰還】ネタバレなし感想。推理センスなくても楽しめる傑作

いかにも顔がロシア人ぽい。 『オブラ・ディン号の帰還』、大いに楽しみました。 オブラ・ディン号は主にヨーロッパの乗組員が多いですが、檣楼員や甲板員はロシア人、インド人、中国人、ペルシャ人など様々な国の人がいるので、その人の顔の作りや服装、アクセサリーなどから出身を推理する必要も出てきます。 Oh、No〜な顔をして手を伸ばすラーズ・リンデと、それを上から見ているネイサン。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。

>

てててのゲームメモ: Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還) 各人物ネタバレ雑感

手記はゲーム開始時点ではほとんど白紙で、ゲームの進行と共にページが埋められていく。 荷物搬入に居るけれど甲板員、檣楼員の寝床にいないことで特定。 まさに、「映画を買う」という感覚に近いですね。 ちなみに「猿の手」が発表されたのは1907年で、オブラディン号の舞台の100年後。 帆柱は折れ、ロープで補修してある。 杜撰な調査結果を見て、体調を悪化されたようです。

>

ラディン号の帰還

さて私は選択を迫られていた。 という心配もありましたが いい感じに記憶喪失になっており楽しくプレイできました。 第3章「殺人」 ヌーツィオ・パスクア(乗客/殺害・ナイフ) イタリア人のおじさん。 でもあの死に方もむごい……。 そのため確定に必要なのはほぼ9問だ。 元はPCゲームで、現在はPS4、Xbox、Switch版も出ています。 でもアビゲイルが甲板を歩いていたのは、船長の願いをかなえる代償として必然だったのだと今は思う。

>

【オブラ・ディン号の帰還】2つの取引と猿の手から見える3つの願い

ドンマイ。 密航者がまぎれこんだタルには、もともと大して重くない荷物がはいっていたと思われる。 オブラディン号は60名の乗員乗客が乗っていましたが、航海中に消息を絶ち、数年後に突如、幽霊船として戻ってきました。 解放する代わりにオブラディン号をイングランドに帰してくれと人魚に頼んだのも、あの当時まだ残っていた船員や乗客の安全を考えてのことで、三等航海士の奉仕精神を感じる。 赤城です。 このページは第1章〜第4章で死亡・失踪する人物の情報を掲載しています。 乗員乗客の中にはゲーム中に名前が登場する人物や、服装や国籍で区別しやすい人物もいて、そういう場合はすぐに身元が特定できる。

>

#1【考察】Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還) なぜ積荷は崩れたのか?|ゲームの小部屋

ウォーカーは、まだクラーケンに襲われてる最中にもかかわらず切り裂かれたマバの死体を引きずってるのが、彼らの仲の良さを窺わせて嬉しいやら切ないやらでしたね。 死に際のトーマスを励ましてたシーンは良かった……のになぜ最後船長のところに押し入った。 舞台 1807年のイギリス。 あの人魚を船に乗せておくのは良くないと思ってるのは分かったけど、それでどうしてジョン・ネープルズの脚を切断することになるのか。 (実況全9回を3周見たのに覚えていなかった) で、レビュー通り素晴らしいゲームでしたので 感想と軽く考察を。

>

個人的に今年1番ハマったインディーゲームといえば?

つまりこのゲームの目的は、• にしても、タン・チョウだけニコルズ一味に置いていかれたのは可哀想でしたね。 ふんぞり返っている印象が強烈すぎて、ンズとウォレスは実はこの騒ぎで入れ替わっているんじゃないか説を自分の中で立ててしまいました。 足についてはおそらく、医師の猿が持っていったのかもしれません -- 名無しさん 2019-04-09 02:51:05• 1人だけイングランドに戻ったら乗組員の遺族や東インド会社から責任追及の嵐なのは間違いなく、職も名誉も失うことになっただろう。 -- 名無しさん 2020-10-26 07:59:07 名前: コメント:. 「嘘っ、情報はこれで全て?」 とならざるを得なかった。 直前の会話からまさか……流れ弾?と気づいた。 特に「最期の瞬間」のシーンは迫力もさることながら、 「レトログラフィックってこんなに美しかったのか」と、驚かされる程、綺麗です。 価格が2000円ということもあり、相応のボリュームといえるのではないでしょうか。

>

オブラディン(Return of the Obra Dinn)の評価と感想を熱く語る!

最初に爆発したピーターを確認したのに。 おそらく船長が船倉にいるあいだに嵐が止みイカが去ったのだろう。 とにかく、あの逃がした人魚がペロットたちへの義理を果たすためにオブラ・ディン号を帰還させたのだと思います。 ゲームから業務へと、その目からハイライトが失われていくのが確かに感じられた。 【考察】なぜネイサンは、兄貴を殺したのがデンマーク野郎だと思ったのか 崩れた積荷の事故に深く関連しているのが、このふたり。 ここからがいわゆる「ゲームらしい感覚」と「物語世界を味わう感覚」の二面性が感じられる本作の醍醐味とも言える良さがある。

>