明智 憲 三郎。 明智憲三郎説の難点,疑問,批判 その1

木田氏

それは、、変についての2つの著書から以下のようにまとめられる。 『尊卑分脈』清和源氏系図の「木田重国」に「高松院判官代、承久京方於美乃国大豆渡被誅」、同じく「重知」に「父同時京方被誅了」、さらに重知の従兄弟「重季」に「承久京方被誅」の記述。 となれば京都~安土は約50kmの距離があるため、前日14日の出来事が翌日の午前中に京都に届いたのではないでしょうか。 その苛立ちの表れなのか、あるいは「唐入り」を善行だと歴史を修正したい政治的な意図からなのか、論理的な反論ではなく、奇説とか謀略説といったレッテルを貼って誹謗中傷に終始している人たちがいるのは残念です。 光秀の嫡男とされる光慶は琵琶湖を船で横切り近江北部に逃げたのではないかとされています。

>

本能寺之变 (豆瓣)

しかし、佐竹氏は先述のようにを主君としたことからと鎌倉公方の争いに巻き込まれることも少なくなかった。 そして、スペインの貿易商人であった アビラ・ヒロンが記した『日本王国記』 には、衝撃の資料が残っていた。 諸大名が信長に帰順する可能性を著しく小さくし、全国制覇を遠のかせるだけではなく、いっそう織田家中の主君に対する想いの複雑さを大きくなさしめたであろう。 もし信忠が生き残ればはこれまでと変わらず存続し、光秀に勝ち目はなく謀反を起こす意味がないからです。 この本を読んだだけではそこまで細かいことはわかりませんが、一連の著書と合わせて読んでいただきたいですね。 明智軍首脳部が、かほどに秘密にして〝上様の命令〟を軍内に、そのあらましにしろ、まったく告げなかったことには、合理的な理由があったはずだ。 具体的な話は拙著(『「本能寺の変」は変だ!435年目の再審請求』文芸社文庫)に書きましたので、お読みいただくとその実態に驚かれることでしょう。

>

佐竹氏

光秀は謀反の後、50日100日は誰も戻ってこないと考えていたのだそうです。 「文庫版まえがき」 『明智光秀と本能寺の変』(文庫版版) PHP研究所〈PHP文庫〉、2014年。 ここからは本書の説への反論に加えて、について他にも注目したい私の意見を書かせていただきます。 「このやり方では真実を見出すことはできない」 「このままでは死ぬまで真実は分からない」 そんな思いが日増しに強くなった結果、既存の研究に納得できないなら、自分で研究するしかないと思い立ったのです。 【2022大河ドラマ 麒麟がくる】各回のあらすじとレビュー記事はこちらをどうぞ。 豊臣勢の報告では、前田勢が280首、上杉勢が273の首級をあげて関白・豊臣秀吉に報告。 3kmの移動速度になります。

>

木田氏

发现了一段至今不为人知的历史。 復姓した理由は「将来愚昧な子孫が明智光秀より連綿と続いた家系を認識せず、明田を本姓と誤ることがあれば、祖先の霊に相済まない」とのことだったらしい。 そして、「だったら本当はなぜ謀反したのか?」という新たな疑問、真実を知りたいという強い思いがふつふつと湧いてきました。 僧侶、信徒を虐殺する時であっても、世にその正当性を掲げ、何よりも武家にとって義に違うことは注意深く避けている。 『431年目の真実』では、信長は上方へ招いた家康を6月2日に本能寺へ呼び出し、その家康を光秀に討たせ、そのまま徳川領へ侵攻するという説が書かれています。 別名:横山監物、横田長次、横地吉信、横井景信、横地監物吉信、横地将監景信 狩野一庵 狩野飛騨守一庵、狩野帯刀 元・武田家臣の小幡信貞の3男。 しかも近江へ入るには付近の険しい峠越えがあるので難所の少ない秀吉より少し不利でした。

>

本能寺の変 明智憲三郎氏の説についての批判

参考として、他の秀吉の行軍例も掲載しておきます。 上杉景勝の武将・ が の平井無辺を調略した場所とされている。 信長小姓の羽柴藤五郎 長谷川竹 は、信長から密かに謀を授かり、家康を害すべしと命じられていた、というのだが、しかし文脈からすると、これは、長谷川竹が隙を見て暗殺をせよ、と密命を与えられていた、つまり個人的な使命を授かっていたことが読み取れる。 通達があった場合以上に、なぜ徹夜してまでして入洛を急ぐ必要があったのか、となる。 滝山城に関しては記録はないが、八王子城に防衛拠点を移したあとであったとしても、簡単に奪わられもやっかいである為。 『陰謀の日本中世史』 、2018年、250頁。

>

佐竹氏

また、一族から僧となった者にはのを創建した(憲禅)などがあった。 この推理は仮説検証の真髄部分です。 平清盛のように自分一代が栄華を極めても、子の代に滅亡したら失敗なのだ。 つまり、確信を伴う行軍と言うほかないのだ。 この状況で徳川軍が現れてへ入城したと言うなら、家康の寝返りが発覚してもおかしくないでしょう。 それは、現在、宗閑寺がある場所で八王子城が攻められた際の最初の防衛施設でもあったような立地です。

>