東京 都 営業 自粛 要請。 東京都、「GoTo自粛要請」正式決定 高齢者ら対象、都民割も―新型コロナ:時事ドットコム

Go To東京発着「利用自粛呼びかけ」 都は事業者等に協力要請へ

8倍に増えています。 また「Go Toトラベル」の都内発着の旅行で65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人を対象に自粛を呼びかけることに関連し、都は、国からキャンセル料の扱いなどについて回答があったことを明らかにしました。 感染拡大地域は飲食店の営業時間短縮などを要請している北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府の8都道府県。 東京都は2日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の都内発着分をめぐり、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者と基礎疾患がある人への利用自粛要請を正式決定した。 紆余曲折の末、国と都の協議がいったん決着し、自粛の協力を要請する事業・施設等が発表されました。

>

横浜・川崎の飲食店に時短要請 神奈川決定、1都3県実施―新型コロナ:時事ドットコム

さらに、都は、できるだけ不要不急の外出を控えるよう都民に呼びかけるほか、これに伴い、都民の都内での旅行に対する都の補助事業は、営業時間の短縮を要請する期間の旅行の新たな販売を停止するということです。 要請は当初、27日までとされていましたが、来月11日まで延長することになりました。 協力金支給のため200億円を確保し、うち144億円は国の臨時交付金を活用する。 小池知事「合わせ技で感染を抑え込む」 東京都の小池知事は「Go Toトラベル」の都内発着の旅行で65歳以上の高齢者などに自粛を呼びかけることについて、「特に重症化しやすいのが高齢者と基礎疾患がある人だ。 一方、医療提供体制については医療機関への負担が長期化していることから、4段階のうち3段階目にあたる「体制強化が必要であると思われる」に据え置いた。 営業時間の短縮要請との合わせ技で感染を抑え込んでいこうという狙いだ」と述べました。

>

東京都、飲食店の時短営業要請へ 午後10時までに閉店 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

都が都民向けに「トラベル」に上乗せしている旅費助成も28日~12月17日、新規販売を停止する。 要請に応じない店への罰則はなく、応じた店の補償については「営業時間の短縮ではない」と否定的な考えを示した。 札幌、大阪両市に関するトラベル見直しで、政府はキャンセル料負担などの方針を速やかに公表しており、都とは事前の調整不足が目立つ。 一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は党会合で、首相の対応について「中途半端で無責任で、政治リーダーの決断として最悪だ。 本来は、感染拡大地域への旅行の発・着の両面を止める必要がある。

>

酒類提供の自粛要請へ 午後10時以降、県西部の店対象 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

特に高齢者や基礎疾患がある人には用心するよう求めた。 このため次のインフルエンザ流行期に備え、東京の実情に応じた発熱患者の相談・検査・診療のフローを作成することと検査体制の強化が大きな課題となる」との指摘がなされた。 都知事が休業要請発表、11日から実施 協力金50万円 都はその豊富な財政力を背景に、自粛対象業者に独自の「協力金」を出す施策を打ち出しており、これは国に先んじたという意味を含めてとても良いことだと思います。 呼びかけの期間について都は、酒を提供する飲食店などに午後10時までの営業時間の短縮を要請している今月17日までに合わせるよう国に求めています。 神奈川県は3日、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、横浜、川崎両市内の酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、午後10時までの営業時間短縮を要請すると決めた。 都は、キャンセルの扱いなど詳しいことについて、3日明らかにすることにしています。

>

東京都、コロナ警戒レベル引き下げ 営業短縮要請15日で終了、都外への移動自粛も求めず(ニューズウィーク日本版)

ただし、100平方メートル以下の施設については、営業を継続する場合にあっては、適切な感染防止対策の徹底を依頼 ペット美容室(トリミング) 対象 宝石類や金銀の販売店 対象 住宅展示場 (集客活動を行い、来場を促すもの) 対象 古物商(質屋を除く。 これらの状況を踏まえ、一定の抑制効果があったと考えている。 与党は、政府と都の対応を評価。 要請を行う全期間(令和2年11月28日から12月17日まで)において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと• 詳細サイト 申請受付詳細はこれからの予定です。 東京都は独自の協力金をするようですが、正直に申し上げて、大阪の財政力では、東京都の真似はできません。

>

東京都が休業要請する具体的な業種を公表、古本屋やネイルサロンなども対象に

— 松井一郎 大阪市長 gogoichiro 悲壮な覚悟で突き進む地方のリーダーたちと、実際に苦しむ民間事業者の皆さま、コロナウイルスで命を落とす方々をこのまま看過するわけには到底、いきません。 長時間の飲食や飲酒、大声や至近距離で話すことにはご注意いただきたい。 国政から全力で働きかけていく。 また、キャンセルを受けた事業者に対しては、旅行代金の35%に相当する額を国が負担するということです。 Go To Eatキャンペーンについては、11月27日から12月17日の食事券の新規発行を停止。

>

【各地の状況は】「営業時間短縮」「往来自粛」新型コロナ

県は、感染が拡大する東京都や札幌市、大阪市などへの往来を控えるよう求め、特に飲食する場合は十分注意するよう呼びかけた。 北海道や茨城、愛知、大阪各府県も休業要請や時短営業要請などをしている。 従いまして今後都外へ外出される際には改めて手洗いや消毒を始めとしてくれぐれも感染防止対策に万全を期していただきたい」と述べ、自粛要請を終了することを明らかにした。 また「政府や東京都には旅行客の理解を得られる説明をしてほしい」という声も聞かれました。 小池氏は「感染拡大を食い止め、都民の命を守る。 都として『感染対策、短期集中』の覚悟であらゆる対策を講じていく」と語った。 提供自粛を要請するのは、東京都に近く、人口に対する新規感染者数がほかの地域より多い、市川や柏、我孫子、松戸など11市の最大約1万8千店。

>