活 断層 と は。 活断層

産総研:活断層データベース

活断層は繰り返しずれ動きますから、1回の地震のときのずれはわずか数メートルでも、何万年、何十万年の間繰り返しずれ動くことにより、そのずれは何十メートル、何百メートルの食い違いになって地形に残ります。 私たちが「活断層」として知ることができるのは地表付近の食いちがいですから、活断層とは過去の地表地震断層のくりかえしの結果を見ていることになります。 : 、• さらに、地下の地層をくり抜くボーリング調査や、人工的に地面を揺らして地下の断面を見る反射法地震探査などで、地下の地層の食い違いを調べたり、断層の上にトレンチと呼ばれる溝を掘って、地下の断層のずれを直接観察するという方法(トレンチ調査)で、その活断層がどの程度活発に活動しているのか、過去いつごろ活動したのか、などを調査します。 。 活断層の調査は、の判読、地形分類図の作成、現地でのや観察、地表踏査、トレンチ調査、弾性波探査、調査、の同定()や(特に)などの方法によって行われる。

>

活断層地図 主要活断層

岐阜 B級活断層 10 cm以上 1 m未満• その結果、地形にも河川や尾根の横ずれによる屈曲や、縦ずれによる直線的な崖地形として見えるようになります。 現段階では、残念ながら、花巻断層帯の今後の活動について、明確な判断ができません。 が過去、近くの活断層と連動して動いた可能性があることが、原子力安全・保安院の調査で分かった。 内陸直下で発生すると被害が大きくなる。 (日本では珍しい正断層):大分県• 鹿野断層():鳥取県• logL=0. こうした新たな評価手法に基づき、陸域及び沿岸海域に分布し、M6.8以上の地震を引き起こす可能性のある活断層について、対象とする地域ごとに総合的に評価したものを「活断層の地域評価」と呼んでいます。 : 、• , : 台湾• 剪断応力が水平方向に働いた断層で、ずれの方向によって右ずれ(right-lateral)断層と左ずれ(left-lateral)断層とに区分される。

>

活断層

2012年7月の原子力安全・保安院の専門家会議では、の(大飯原発、福井県)の敷地内にある断層が近隣の活断層と連動して動いて地形を変化させる可能性が指摘された。 「最近の時代」は、おおむね 200 万年前~現在(新編日本の活断層)ですが、工学的な指標としては、たとえば原子力発電所の重要構造物の耐震設計について 12 万 5000 年前以降とし必要な場合は約 40 万年前以降まで遡って活動性を評価する(原子力規制委員会新規制基準)など、目的により使い分けられています。 世界の活断層のほとんどが地震性断層で,活動する場合は地震が発生する。 このキズは普段はずれ動くことはありませんが、あるとき突然ずれ動き、大地震を引き起こします。 : ドミニカ共和国• 昔の断層深部にあったマイロナイトが隆起・によって現在では地表で観察できる場所もある。

>

岩手県

逆断層のうち特に断層面の傾斜が緩く(水平に近い)乗り上げが顕著なものを (: thrust fault,低角逆断層)と呼ぶことがある。 活断層の性質や活動間隔については、このデータベースでも見ることができますが、国の評価結果についてはのに掲載されています。 : 、• プレートが原因による「海溝型地震」は横揺れするのが特徴で、地震だけでなく津波などの災害も引き起こします。 今後も引き続き残りの2つの活断層について調査が行われています。 このような大地のキズのうち、最近まで繰り返しずれ動き、今後もずれ動いて大地震を起こす可能性のあるものを「活断層」と呼んでいます。 : ギリシャ• また、水平面に置き換えた断層運動の方向を 走向( fault strike)と言う。 逆断層は南北方向のものが多く、山々を隆起させる。

>

活断層について分かりやすく解説!地震との関係やマップの見方を知ろう! [iemiru コラム] vol.154

: パプアニューギニア• 本県内にも、多くの活断層が存在している。 : 中国、インド• 詳しくはをご覧下さい. : パキスタン• スロー地震:広義には地震以外の長期的な断層運動を (: slow earthquake,ゆっくり地震)という。 共役断層のうち、複数の大きな断層が帯状に連なるものを 断層帯(だんそうたい)と呼ぶ。 前者は、大地震はおこさないが、土地が徐々に食い違っていくため、断層の直上の建造物や道路などが被害を受ける。 ダメージゾーンは原岩起源のカタクレーサイトと割れ目の発達した原岩から構成される。

>

産総研:活断層データベース

2019年9月11日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 震源断層が地表までに達していないが、その上の堆積層が曲がった撓曲(とうきょく)などの形態となる場合もある。 破砕が進むと断層ガウジとして扱われる。 国土地理院• 応力のうち、地下の岩盤を破壊しずらして動かす力、つまり直接断層を作る力として働くのは剪断応力のみである。 01 例 根尾谷断層 養老断層 深溝断層 変位地形 明瞭 明瞭 不明瞭 3 活断層の活動間隔、すなわち地震の発生間隔(再来周期)は、平均変位速度が早いほど間隔は短く、平均変位速度が同じならば、断層の長さが長く、発生する地震の規模が大きいほど活動間隔は長くなる。

>

活断層ってなに? | 大鹿村中央構造線博物館

例えば、「新編日本の活断層」では、第四紀(約200万年前から現在までの間)に動いたとみなされる断層を活断層と定義しています。 地表地震断層の食いちがいが侵食で失われたり洪水で埋まったりすることなく、再び地表地震断層が出現すると食いちがいが蓄積していきます。 そのために、航空写真等による地形的な調査のほか、直接活断層を掘るトレンチ調査や、地震波による地下構造調査、電磁探査など、様々な調査が行われています。 今後も、地球科学の新たな研究成果を集約していきたいと考えています。 調査は現在までに得られている最新の調査手法や知見をもとに行われていますが、データとして用いる過去地震に関する資料等が十分に現存しないことによる理由から、調査結果には誤差を含んでいる可能性があります。 そこで、1000年に1回1mのずれ動きをくりかえしてきた活断層も、5000年に1回5mのずれ動きをくりかえしてきた活断層も、活動度は同じになります。

>