木 で 鼻 を くくっ た。 ことわざ「木で鼻をくくる」の意味と使い方:例文付き

慣用句「木で鼻をくくる」の例文!簡単な短文で紹介するよ!

「けん」「ほろろ」は雉(きじ)の鳴き声で、無慈悲なことという意味の「慳貪(けんどん)」にかけたものだとされています。 「木で鼻をくくる」の由来 「木で鼻をくくる」の由来は、2つの説があります。 誰かに話かけられても、ろくに返事をすることなく、いい加減に扱うことを意味します。 主に、相手に対して不機嫌な対応や 冷たい対応をする人を批判して言うことが多いです。 誰かに冷たい対応をされることも悲しいですが、それ以上に、自分の言動に気をつけたいものです。 その時の不機嫌な顔が、 現在の「無愛想な様子」の由来だと言われています。 どちらも使うことができますが、 「cur」の方がより冷淡なイメージの言葉だと考えてください。

>

ことわざ「木で鼻をくくる」の意味と使い方:例文付き

知らない人はともかく、親しいはずの相手に無愛想な態度を取られると、困ってしまいますね。 慣用句「木で鼻をくくる」の類義語! 「木で鼻をくくる」には、似た意味の言葉がたくさんあります。 「木で鼻をくくる」も漢字で表記すると「~括る」となるので、同じ系統の言葉と勘違いされる傾向にあります。 店長はちゃんと指導しているのだろうか?」 この場合は、要するに、 「 店員の態度が無愛想で冷たい」ということです。 立木へ鼻こする たちきへはなこする• 共通しているのは、 どれも木を使ったものということですね。 このことから、「ひどく無愛想にもてなすこと」という意味をもつようになったとする説です。

>

慣用句「木で鼻をくくる」の例文!簡単な短文で紹介するよ!

「She gave me a blunt answer. しかし「木」で鼻を縛るのは現実的ではなく不自然です。 紙をつかうことが許されていなかったのは、主に商家の見習いたちだったと言われています。 。 類義語には、杵で鼻をこする、木っ端で鼻をかむ、拍子木で鼻をかむ、などがあります。 「木で鼻を括る」は「そっけなくあしらう態度」という意味ですが、杓子定規な考え方のゆえに木で鼻を括る態度となる場合が多々あります。 スポンサーリンク 木で鼻をくくるの使い方・例文 では最後に、「木で鼻をくくる」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。

>

木で鼻をくくるの意味とは?語源や例文・類語も解説

「あの店員は、 木で鼻をくくるような接客態度だね。 木で鼻を括るの類似表現として 「木で鼻を括る」の類似表現には、「冷遇する」「薄遇する」「鼻であしらう」「袖にする」「にべもない」などがあります。 つまり、 「 木で鼻をこする」が元々の言い方だったのです。 」「 He answered me bluntly [curtly]. 同じ「鼻」つながりでは、「鼻であしらう」。 これらの言葉は、共通して、途中から態度が冷たくなった、というよりは、最初から冷たい態度を取られた、というときに使うことの多い言葉です。 「木で鼻を括る」の意味や由来とは? 「木で鼻を括る」の意味は「不愛想にそっけなくあしらう態度」 「木で鼻を括る(きではなをくくる)」とは、「不愛想にそっけなくあしらう態度」を表現する慣用句です。 一定の基準にむりやりあてはめようとする「杓子定規」 「杓子定規(しゃくしじょうぎ)」とは、曲がっている杓子の柄を無理に定規代わりにしようとする意から「一定の基準や形式にすべてをあてはめようとする融通のきかないさま」という意味の言葉です。

>

「木で鼻を括る」とは?意味や使い方を解説!

鼻をこするものを変えているだけで、全く同じ意味を持つ類語です。 昔は、現代のように鼻をかむのに便利なティッシュなどは存在しませんでした。 意味は、「冷淡に扱う」ということで、「木で鼻をくくる」と同じですね。 語源の「木で鼻を擦る」状況だったんですね。 木で鼻をくくるの「くくる」とは「こくる」つまり、物を強くこすることをいいます。 彼は客が来ても、 木で鼻をくくるような態度であるため、店長からよく注意されている。 当然ですが、あまり使い勝手が良いものではなかったようで、木の棒の不便さが冷淡にあしらう態度のもとになったと言われています。

>

「木で鼻を括る」とは?意味や使い方を解説!

いつのまにか間違いが一般に通じるようになりましたが、本来は「括る」ではなく「こくる」、「木で鼻をこくる」が正しい言葉でした。 木で鼻をくくる対応は絶対にNG 冷淡にあしらう様子を表す「木で鼻をくくる」は、日常生活でもビジネスでも、絶対に避けたい言動ですね。 「こくる」とは、「こする」という意味です。 どちらの説であっても、紙が貴重であった時代には、鼻をかむ際に木が使われていたことが分かりますね。 どの使い方にしても、できれば口にするような場面は来てほしくありませんね。

>

木で鼻をくくるの意味は?由来や語源・冷淡にあしらう様子の慣用句も

それが転じて、冷淡な態度やひどく不愛想にもてなすことを「木で鼻をこくる」というようになったといわれています。 「木鼻答弁」とは、 「相手を小バカにして、質問に答えない様子」という意味です。 「 こくる」とは、「 こする」という意味の動詞です。 取り付く島もない いずれも、 相手からの相談や要求に対して、 無愛想にふるまう場合に使います。 したがって、この慣用句は、 基本的にはあまり良い意味では使いません。 ちなみに、四字熟語だと 「 木鼻答弁(きはなとうべん)」があります。 相手からの話や相談に対して冷淡でそっけないような態度することを言います。

>