みかん の 生産 量 ランキング。 みかんの出荷量の都道府県ランキング

2018年度産 [みかん/温州みかん/ミカン] ランキング(生産量・収穫量) (都道府県)

輸入の安い柑橘類に需要を奪われてしまった可能性も捨てきれません。 データ みかん 収穫量推移(1973-2018) 1980年頃までは愛媛が圧倒的1位、次いで静岡、和歌山という順になっていましたが、収穫量が全体的に減少していく中で1980年以降は静岡は2位に、2004年頃からは愛媛に代わって和歌山が1位になりました。 <2018年> 順位 国名 単位:トン 注 1 19,035,444 1 2 1,978,581 3 1,650,000 4 1,208,789 5 -- 以下会員限定 -- 6 7 -- 8 -- 9 -- 10 -- 11 -- 12 -- 13 -- 14 -- 15 -- 16 -- 17 -- 18 -- 19 -- 20 -- 21 -- 22 -- 23 -- 24 -- 25 -- 26 -- 27 -- 28 -- 29 -- 30 -- 31 -- 32 -- 33 -- 34 -- 35 -- 36 -- 37 -- 38 -- 39 -- 40 -- 41 -- 42 -- 43 -- 44 -- 45 -- 46 -- 47 -- 48 -- 49 -- 50 -- 51 -- 52 -- 53 -- 54 -- 55 -- 56 -- 57 -- 58 -- 59 -- 60 -- 61 -- 62 -- 63 -- 64 -- 65 -- 66 -- 67 -- 68 -- 69 -- 70 -- 71 -- 72 -- 73 -- 999 -- 関連する国際統計データ• (1975-2018年)• このランキングは2015年のデータを基にしています ランキングから見るみかん生産地の特徴とは? このランキングを見てみると、生産地に共通する特徴が分かってきます。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 により、「なつみかんの出荷量」の偏差値を地理的に確認できます。 1973年 1983年 1993年 2003年 2013年 2015年 和歌山県 328,600t 305,300t 210,800t 190,000t 168,900t 160,200t 愛媛県 608,800t 408,200t 234,100t 195,200t 137,800t 120,600t 静岡県 424,300t 306,600t 162,200t 130,700t 121,800t 101,200t 熊本県 222,000t 258,600t 119,900t 99,800t 91,600t 74,800t 長崎県 206,100t 234,000t 111,200t 84,800t 60,900t 53,500t 佐賀県 300,100t 288,900t 117,200t 82,600t 53,000t 45,100t 広島県 149,900t 123,700t 68,000t 54,100t 42,300t 31,700t 愛知県 65,900t 61,600t 40,500t 34,900t 28,200t 26,300t 全国合計 3,389,000t 2,859,000t 1,490,000t 1,146,000t 895,900t 777,800t. 普通温州は2000年以降は愛媛の収穫量が落ち、静岡がずっと1位になっています(収穫量が落ち込んだ2017年も何とか1位)。

>

みかんの収穫量(生産量)の都道府県ランキングと統計データ

みかんの出荷量ランキング 順位 都道府県 みかんの出荷量 偏差値 格付 【出典】みかんの出荷量:2008年 1 140,000 トン 79. 東名高速道路を走ると地域によって、「行っても行っても茶畑」または「行っても行ってもみかん畑」、それが静岡。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 まとめ みかんの生産地は、みかんの栽培に最適な特徴をとらえた地域に多いことが分かりました。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「みかん」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 (1975-2018年) [内訳] - レンギョの漁獲量 [内訳] - レンギョの養殖生産量• 冬場は色々な種類を試し、 少しでもみかんの生産を支えていきましょう! 今回は以上です。 和歌山県、愛媛県、静岡県そして九州地方もこれらの条件にマッチしているからランキング上位でもあるんですね。 日照時間が長い• みかんの生産地に共通する特徴とは? 最終的にほとんど私がネットで情報収集し、データを長女が紙にまとめて研究発表は無事完成、ということがありました。

>

世界のみかん生産量 国別ランキング・推移

雨が少なめ• 豊作でも所得が250万円・・・。 2位の和歌山とは差があるので、「普通温州みかんは静岡が収穫量1位」と言って差し支えなさそうです。 有名なのは三ヶ日町(現・浜松市北区)の「三ヶ日みかん」ですが、県全体が南向きの日当たり良好マンションみたいな作りなので、県全体に畑があった印象。 そもそも「日本一だった」というのが勘違いかも知れないし、今でも十分多いのかも知れないし。 今は品種改良により、甘くてゼリーのような果肉が味わえる、 美味しいみかんも多いのです。 「 もっと多いのかな?」 と思っていましたが、 エジプトやモロッコより下とは、 意外でしたね! 日本に目をむけると、和歌山・愛媛・静岡の他に、 九州などの温かい地域でも栽培が盛んです。

>

みかんの出荷量の都道府県ランキング

(1990-2018年)• 順位 都道府県 収穫量 割合 1位 愛媛県 175,800t 15. 出荷量の調査対象(出荷組織)が3件未満の都道府県については、情報源の都合により秘密保護の観点から情報が秘匿されているため、ランキングの対象外となっています。 ですので、農家の減少がみかんの生産量に 大きな影響を及ぼしていると言えそうです。 (1975-2018年) [内訳] - タイ(鯛)類の漁獲量 [内訳] - タイ(鯛)類の養殖生産量• 「みかん」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「みかん」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 Sponsored Link みかん生産量減少の理由について さて、それでは次の話題。 更に品種改良をすればそれだけ経費がかかるため、 みかん農家の経営は楽ではないようです。

>

[みかん/温州みかん/ミカン] 産地 (都道府県)

後継者の問題もあるでしょうし、耕作面積が減るのは仕方が無いかな…… 静岡みかんのサイトでは今でも日本一と書かれている JA静岡が作成している「静岡みかんスペシャルサイト」というのがあります。 そしてトップ3だけでは生産地に共通する条件が薄いので、更に生産地をランキング順に発表していきます。 生産地ランキングの特徴を見ると東北などの寒い地域はランキングに入っていないのが分かりますね。 生産者が減るということは、それだけ生産量が減ることにつながります。 当サイトでは、「みかん」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「みかん」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 早生温州の収穫量で目立つのは熊本で、和歌山、愛媛に続く第3位になっています。 種子用または飼料用として販売されたものは含まれません。

>

[みかん/温州みかん/ミカン] 産地 (都道府県)

または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 により、「みかんの出荷量」の偏差値を地理的に確認できます。 静岡みかんのサイトで「全国1位」と書かれているのは「普通温州」のことみたいですね。 コチラので、少し詳しく説明していますのでご覧ください。 (1990-2018年)• 運営事務局では、日本で生産された農作物の「みかん」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 生産地域の気候が、みかんにとって育ちやすい環境にあると美味しいみかんが作りやすくなります。 。

>