聞く は 一時 の 恥 聞か ぬ は 一生 の 恥 英語。 【聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥】 それ、中国ではお勧めできません…

「聞」の書き順(画数)|正しい漢字の書き方【かくなび】

LLD外語学院 学院長 前川 未知雄. 「じゃあ、何が分かったの?僕が4つ目に説明したことは何?」と聞かれてしまいます。 私の心のどこかで「人に聞くと自分が弱くなる。 読み方 下問を恥じず かもんをはじず 意味 自分より年齢や地位が低い者に質問をすることを恥と思わない 由来 『論語』の孔子の教え 類義語 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥など 英語訳 Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed 聞くと愚か者に見えるが、聞かなければ本当の愚か者になる 孔子は、人間がどうあるべきかという教えを説いてます。 海外のことわざに同じようなフレーズがあったのね。 ということもあるでしょう。 元来、私自身はそれほども面子を気にする方でもなかったこともあり、部下社員に教えを請っても気にしていなかったのですが、ある時に感じた妙な雰囲気。 これは日本も同じですね。

>

【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

名聞利養 (みょうもんりよう)• 日本のことわざに「聞くは一時の恥。 自意識過剰になりすぎず、いろいろな人からの意見を素直に受け止めることが、成長につながっていくのです。 知らないことを恥ずかしがったり、知ったかぶりをせずに、素直に聞いて学ぶべきだという教え。 実際にさまざまなビジネス書にも、 「質問はタダ」「聞くことで時間短縮」など、質問の重要性が書かれています。 そして、社員の前では中国通のベテランのような顔で相対する度胸も必要なのではないでしょうか。

>

「聞」の書き順(画数)|正しい漢字の書き方【かくなび】

そういったことを繰り返していると、いつまでたっても仕事が終わらなくなるのです。 普段、多くのことを尋ねるものですから、「何も知らない頼りない総経理」とでも思われているような臭いが… 総経理だからと言って何でも知っているわけではないし、専門以外は素人同然。 大人になるにつれて、自分が強くなっていくことも大切です。 国語の授業で習ったような気がしますが、改めて意味を調べると「なるほど」と思いました。 これが最小限の許される範囲ではないかと思います。 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥とわかってはいるが、今更こんな初歩的なことを聞くのはやはり恥ずかしいものだ 例文5. しかし、それは考えもの。

>

「聞くは一時の恥……」ということわざについて

ある会合でのこと。 「なんで?どうして?」と質問をしていきましょう。 知らずば人に問え。 質問者さんへ 以前のご質問への回答となり恐縮ですが 少しでも参考として頂けますと幸いです。 私は昔から何かわからない事を聞く前には恥ずかしいという気持ちより、知らないこと、わかっていない事に対して「何か責めたてられてしまうのではないか」と思い込み、なかなか一歩を踏み出せない傾向にあります。

>

【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

博聞強記 (はくぶんきょうき)• 【ことわざ】 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥 【読み方】 きくはいっときのはじきかぬはいっしょうのはじ 【意味】 自分の知らないことはそのままにせず、積極的に聞いたほうが良いという意味。 イギリスでは決めた時間にきっちり終了します。 イギリスの会社に勤めていた頃、「質問」についてだけではなく、「時間」についての意識もずいぶん異なることに驚いたことがあります。 しかし、先ほども書いた通り、そのままにして進めると社内の方々のみならず、クライアント様にも多大なご迷惑をかけてしまう事になります。 (聞くと愚か者に見えるが、聞かなければ本当の愚か者になる) Ask much, know much. 下問を恥じず…は落とし穴 社員達はほとんどが地元の人です。

>

故事成語「下問を恥じず」の意味と使い方:例文付き

孤陋寡聞 (ころうかぶん)• そして、「何か質問ある?」と聞かれたとき「わかりました!大丈夫です」というのが、一般的な流れですね。 総経理として会社組織をコントロールしマネジメントを十分に行うには、部下に教えを請うような甘えは許されません。 それは面子上の理由ではなくテクニック上の理由からです。 とはいえ、そんなイギリス人もプライベートでは時間にはルーズぎみ。 ということで,答えを私に求めた友人には,「……一生の恥」というのもまんざら間違いとは言い切れないね,と付け加えました。 そんな中でも、仕事の生産性が高い、成績が良いなどで目立っている人をよく見ていると、必ず「質問」して物事を明確化していることがわかります。 とはいえ、いつまでも先輩方に甘えてばかりも良くないと思っています。

>