ビルゲイツ パンデミック。 ビル・ゲイツ氏、「新型コロナのパンデミックは2022年に終息」

ビル・ゲイツ夫妻、パンデミックに備えかなり前から食料を確保

一方、信じていないと回答した人は、無党派層の45%、民主党支持者の52%、2016年にHillary Clinton氏に投票した人の63%だった。 結構前からCIAとかで情報共有とままでやってるよ。 net 【山崎康彦】 マイクロソフトは1980年に、IBMと提携し、OSの歴史が始まる。 それが南アメリカの大都市のいくつかの低所得で密集した近所の人から人へと効率的に広がり始めたとき、流行は爆発します。 米国の科学者がビル・ゲイツ財団と共にパンデミックのシミュレーションを発表したのは武漢ウイルス発生の2ヵ月前 中国の武漢で発生したコロナウイルスの拡大は止まっておらず、おおよそ「毎日 1000人ずつ症例が増えている」という状況となっています。

>

『ビル・ゲイツ』の悪事と裏の顔。あなたはそれでもワクチンを打ちますか?

(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。 このIBMと、たかだか二十歳になったばかりの二人が作ったマイクロソフトが、なぜ提携できたのか。 んまぁ、真犯人なんて今後も分からないまま、闇の中なのでしょうね。 ただし、この陰謀論をすべての人が信じているわけではない。 ネットの反応. そして6年後、1986年に上場を果たした、これも金融マフィアの後ろ盾があったからこそでしょう。 トランプ政権はその対処に追われる」と言っています。

>

マイクロソフト社長が警鐘「日本も5年以内に顔認識の規制が必要だ」 ビル・ゲイツ「プライバシーを守れ」

「これはわたしたちが一生のうちに経験するであろう最大の出来事だ」とゲイツ氏はフィナンシャル・タイムズに語った。 もし、新型コロナウイルスが、バイオテロであるとするならば。 マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような感染症の流行が今後「約20年ごとに」起こり得ると人々が認識し始めていると語った。 シナリオは18か月の時点で終了し、6500万人が死亡しています。 18にニューヨークで、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの共催で行われ、コロナウイルスは18カ月以内に6500万人の死者を出し、世界経済を大暴落に追い込んでいくというシミュレーションがなされていた。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは パンデミックを予言 ビル・ゲイツさんがこの10年の間に戦争ではなくウイルスで何千万人の人が亡くなるって推測してたんですね😅 まさしく第三次世界大戦なのであろうか😭 — つき ZYjwr ビル・ゲイツ氏 パンデミックに警鐘 マイクロソフト社共同創業者のビル・ゲイツ氏は、約20年も前から、新型ウイルスのパンデミックに対して警鐘を鳴らしてきたといいます。 さらに「新型コロナウイルスのワクチンが利用可能になったら」接種するつもりだと回答した人が、現時点で米国人の半数しかいなかったこともこの調査で明らかになった。

>

『ビル・ゲイツ』の悪事と裏の顔。あなたはそれでもワクチンを打ちますか?

ビル&メリンダ・ゲイツ財団を運営して世界各国での医学研究やワクチンプログラムに資金提供してきたGates氏は米国時間6月3日、電話でこの不当な陰謀論を一蹴した。 ホンマ アフリカ救う気ならエボラの犠牲者なんてエボラの研究費で救える人の数考えたら優先真逆なんだよなぁ。 劉兵さんが殺されたということは、何かまずいことが発見されたのでしょうね。 そこから、このウイルスは南米の貧困地域に広がっていった。 そのような中、ちょっとすごい話を知りました。

>

ビルゲイツの予言とパンデミック

2016年の米大統領選で、民主党候補だったヒラリー・クリントン氏がピザ店を拠点にした児童買春ネットワークに関与しているという「ピザゲート」と呼ばれる陰謀論が拡散した。 世界で、タミフルをインフルエンザ薬として使用しているのは日本だけである。 18にNYで開催されていた。 そして、ソーシャルメディアではさまざまな噂や偽情報が出回り始めた。 されるか以下からご登録できます。 また新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた国家間の協力が進められれば、事態は 2 年以 内に最大の山を越すとの見方。

>

2019年10月18日 NYにて行われていたパンデミックシミュレーション A GROBAL PANDEMIC EXERCISE|genito|note

ゲイツ氏はフォックスニュースのインタビューに応じた中で、新型コロナウイルスの終息時期について語った。 んちゃ。 パンデミックの終息は良くても2022年になるだろう。 犯人は後に自殺しており、動機は明らかになっていない。 今回の新型コロナウイルスの発生源については、がある一方、哺乳類や鳥以外からの感染は考えにくい、とも報じられている。 同氏は 60 %程度の 効果が見られるワクチンでも幾何級数的な感染拡大をほぼ防ぐ事が出来ると話している。 ちなみに とは、 、「ノヴァヴァックス社」と「サノフィ 仏 ・グラクソ・スミスクライン(英国)」の共同開発はタンパク質ベースのワクチン、さらに「アストラゼネカ社(英国:オックスフォード大学と共同)」と「ジョンソン&ジョンソン社」は遺伝子操作によるウイルスベクターワクチンである。

>